トップページ韓国語における尊敬語と挨拶 >  ”第六回 韓国語の挨拶言葉”
第六回 韓国語の挨拶言葉

待ちに待った花見シーズンになりました。桜と言えば日本ですが、韓国でもあちこちで桜祭りが開かれます。たまには、korea花見というのはいかがでしょうか!今回は、初めて会った人や知り合いの人同士で交わされる挨拶言葉を紹介しようと思います。

1)初対面の挨拶言葉
A:처음 뵙겠습니다(안녕하세요)제 이름은 ○○○입니다.만나서 반갑습니다
(初めてお目にかかります。私は~です。会えてうれしいです)
B:처음 뵙겠습니다(안녕하세요)저는○○○입니다. 잘 부탁합니다
(初めてお目にかかります。私は~です。どうぞよろしくお願いします)
※「제」も「저」も「私」に当たる。「제」は「저+의(の)」の縮約形。
自分を基準にして目上の人には「저」を用いり、目下の人には「나」を用いる。

2)知り合いの人との挨拶言葉
A:○○○씨, 안녕하세요. 요즘 어떻게 지내십니까?
(~さん、こんにちは。最近いかがお過ごしですか)
B:네, 잘 지냅니다. ○○○씨도 잘 지내십니까?
  (元気に過ごしています。~さんもお元気に過ごしていますか)
A:덕분에 잘 지냅니다. ○○○씨 부모님께서도 안녕하십니까?
  (お陰さまで元気です。~さんのご両親もお元気でいらっしゃいますか)
B:네 안녕하십니다.
  (はい、お元気でいらっしゃいます)

※「께서」:主格助詞「が=이/가」の尊敬形。
使い方:自分を基準に目上の人には、「이/가」の代わりに「께서」を用いる。
할머니께서は、「お婆さんが」/ 선생님께서は、「先生が」になるが、 「할머니께서도/ 선생님께서도」の場合は、「お婆さんも/先生も」に訳す。
上のように、挨拶言葉には定着した表現が多いですので、覚えて使ってみて下さいね。

もどる韓国語の尊敬語  ”第五回 会話でよく使われる動詞の尊敬表現”はこちら>>