トップページ有名な韓流ドラマの名セリフから学ぶ韓国語 >  ”第二回 ドラマ 太陽を抱く月の名セリフ”
第二回 ドラマ 太陽を抱く月の名セリフ

※写真はドラマのホームページから引用。
名セリフで韓国語を覚えましょう。
韓国で人気だったドラマの中で役に立つ表現や文法でドラマの名セリフを紹介します。

「2月テーマ」 太陽を抱く月  (해를 품은 달-해품달)
歴史ロマンスの小説をドラマ化した「太陽を抱く月」は2012年に韓国で放送された最高の話題作だ。

「ストーリー」
太陽を抱く月は朝鮮時代の宮中のロマンスストーリーで仮想の王イ・ファンと謎に包まれている巫女ウォルの哀しく切ない愛を描いている。

「名セリフ」
이훤 : 잊어 달라하였느냐? 
忘れてくれと言ったのか?
잊어 주길바라느냐?
忘れてほしかったのか?
잊으려고 하였으나
忘れようとしたが
잊지 못하였다.
忘れることができなかった。

「文法」
못하다  ~することができない。
:意志はあるが能力が足りないという意味。
 動詞+지 못합니다.

「例文」
・너를 잊지 못하였다.
君を忘れることができなかった。
・일이 많아서 쉬지 못합니다.
仕事が多かったので休むことができないです。
・한국어를 모르기 때문에 신문을 읽지 못합니다.
韓国語をわからないので新聞を読むことができないです。
・김치가 매워서 먹지 못합니다.
キムチが辛いので食べることができないです。
・그 사람에게 연락하지 못했습니다.
その人に連絡することができなかったです。
・한국에서 여행을 하지 못했습니다.
韓国で旅行をすることができなかったです。

すすむ 有名韓流ドラマの名セリフで学ぶ韓国語  ”第三回 ドラマ 紳士の品格の名セリフ”はこちら>>
もどる 有名韓流ドラマの名セリフで学ぶ韓国語  ”第一回 ドラマ 冬のソナタの名セリフ”はこちら>>