旅行で使う韓国語 海南郡にある地の果ての村: 鄭 有利 (チョン・ユリ)講師 

トップページ韓国語教室アシェルの熱血講師の奮闘コラム > 鄭有利講師のコラム 旅行で使う韓国語 "第七回 海南 地の果ての村(2012年5月)"
旅行で使う韓国語
担当:鄭 有利(チョン・ユリ)講師
第七回 海南(ヘナム、해남)地の果ての村(タンクッマウル、땅끝마을)海南郡にある地の果ての村 
このエントリーをはてなブックマークに追加

http://jp.haenam.go.kr/ (日本語) 
http://www.haenam.go.kr/ (韓国語)

今回紹介する旅行地は 全羅南道(チョルラナムド、전라남도) 海南郡(ヘナムグン、해남군)にある 地の果ての村(タンクッマウル、땅끝마을)です。 地の果ての村(タンクッマウル、땅끝마을)は韓半島の最南端に位置しています。 村の西側では갈두산(カルドゥ山)があって東側には통호마을(トンホ村)があります。 村の前では南海が広げられていて海の上では보길도(ポギルド) 노화도(ノファド)など大小の島々が沢山あります。
多くの観光客が訪れるためなのか地の果ての村は民宿、食堂、商店などの看板が沢山見えます。 地の果ては土地の終わりであり、また、出発点でもあります。終わりにきて捨てることを捨てて 新しく始める所です。 新しく始めたい人、捨てることを捨てることができなくて担っている人... 新しく始めることを渇望する人... 地の果てに一度来てみてください。
1. 村全景
地の果ての村
上記のイメージは 海南文化観光(ヘナムグン、해남군)のウェブサイトから抜粋
2. 展望台
展望台1 展望台2
上記のイメージは 海南文化観光(ヘナムグン、해남군)のウェブサイトから抜粋
3. 日の出
日の出

旅行に役立つ基礎会話
カナダ初級1(13課)
韓国語 :무엇을 잡수시겠습니까?
日本語 :何を召し上がりますか。
韓国語 :저는 한국 음식을 먹겠습니다.
日本語 :私は韓国料理を食べます。
韓国語 :무엇을 타겠습니까?
日本語 : 何に乗りますか。
韓国語 :버스를 타겠습니다.
日本語 :バスに乗ります。
韓国語 :주말에 누구를 만나겠습니까?
日本語 :週末に誰に会いますか。
韓国語 :친구를 만나겠습니다.
日本語 :友達に会います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

すすむ (第八回 (2012年6月)第8回 晋州樹木園はこちら>>
もどる (第六回 忠州武術祝祭(2012年4月)はこちら>>

<これまでのコラム一覧>
第二十七回 光陽梅花の村 광양매화마을(2014年2月)はこちら >>
第二十六回 羅州、牧使内衙、琴鶴軒 (나주 목사내아 금학헌) (2014年1月)はこちら >>
第二十五回  済州オルレ道 (제주 올레길) (2013年12月)はこちら>>
第二十四回 潭陽メタセコイア並木、M e t a s e q u o i a (담양 메타세쿼이아 가로수길)(2013年11月)はこちら>>
第二十三回 釜山社稷野球場 (부산 사직야구장)(2013年10月)はこちら>>
第二十二回 釜山チャガルチ市場(부산 자갈치 시장)(2013年9月)はこちら>>
第二十一回 ヘイリ芸術村(헤이리 예술마을) (2013年8月)はこちら>>
第二十回 全州韓屋村(전주한옥마을) (2013年7月)はこちら>>
第十九回 徳豊渓谷(덕풍계곡,ドップン渓谷) (2013年6月)はこちら>>
第十八回 済州島の牛島(우도,ウド)(2013年5月) はこちら>>
第十七回 巨文島(ゴムンド,거문도)  (2013年4月) はこちら>>
第十六回 江原道のアチムガリゴル (2013年3月) はこちら>>
第十五回 百済文化祭 (2013年2月) はこちら>>
第十四回 ハーブの国農園(ハーブナラ農園、허브나라농원) (2013年1月)はこちら>>
第十三回 智異山温泉ランド (2012年12月)はこちら>>
第十二回 光州世界キムチ文化祭り (2012年11月)はこちら>>
第十一回 韓国国立公園の 漢拏山 (2012年10月)はこちら>>
第十回 北漢山雪岳山 (2012年9月)はこちら>>
第九回 雪岳山 (2012年8月)はこちら>>
第八回 晋州樹木園(2012年6月)はこちら>>
第七回 海南 地の果ての村(2012年5月)はこちら>>
第六回 忠州の武術祝祭(2012年4月)はこちら>>
第五回 春川市の南怡島(2012年3月)はこちら>>
第四回 安東 河回村 (2012年2月)はこちら>>
第三回 順天の樂安邑城の民族村 (2012年1月)はこちら>>
第二回 アチムゴヨスモグォン, 樹木園(아침고요수목원) (2011年12月)はこちら>>
第一回 宝城(ポソン)緑茶畑 (2011年11月)はこちら>>


韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話