ドラマと映画で学ぶ韓国語 第二回 王女の男から: 金 泰亨(キム・テヒョン)講師

トップページ韓国語教室アシェルの熱血講師の奮闘コラムドラマと映画で学ぶ韓国語 : 金 泰亨(キム・テヒョン)講師 > 第二回 映画 ドラマ『王女の男』から 
ドラマと映画で学ぶ韓国語
担当: : 金 泰亨(キム・テヒョン)講師
第二回 映画 ドラマ『공주의 남자 (王女の男)』から (2011年12月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

王女の男 貴公子: 바람을 안아보십시오.
      [パラムル アナボシプシオ]
       風を抱いてみてください。 
     시원하십니까?
      [シウォナシムニカ?]
   (風が)気持ちいいですか?

王女:  가슴속이 뻥 뚫리는 듯합니다!
      [カスムソギ ッポン ットゥルリヌン ドゥタムニダ]
    胸の奥にぽかっと穴が開いたようです!

韓国の伝統衣装である한복(韓服[ハンボク])姿の男女が、一頭の말(馬[マル])に乗り、 爽やかに바람(風[パラム])を切りながら走る。その際、この美しい貴公子と王女は馬の上で、 上のようなセリフを交わす。ドラマ2話で登場するこのシーンは、映画のような画像を導入したという こともあり、実にロマンチックだ。 韓国語の시원하다[シウォナダ]には、「涼しい」という辞典的意味以外も、 속이 시원하다「胸がすっきりした」、국물 맛이 시원하다「汁の味がさっぱりしている」、 温泉、湯船などの中で叫ぶ、「あ〜気持ち良い!」という意の아~시원하다!!もある。 そして、元々の한국 남자(韓国男子[ハングンナムジャ])の魅力である、 눈매가 시원하다「目元がすっとしている」という表現もある。 まさに눈매가 시원한 남자である박시후(パク・シフ)が演じる貴公子のキム・スンユは、 主人公の王女、문채원(ムン・チェウォン)が演じる李世伶(イ・セリョン)と恋に落ちるが、 彼らは叶わぬ恋に苦しめられる。彼の父親が、彼女の父親の起こした政変のために惨殺されてしまうのだ。 このドラマは、朝鮮王朝の계유정난「癸酉靖難」という歴史上の事実に、 野史で伝わっている恋話を加え誕生した、퓨전사극(フュージョン史劇)である。 朝鮮王朝版 로미오「ロミオ」と줄리엣「ジュリエット」の運命は…、さぁ、どうなるでしょうか。 このエントリーをはてなブックマークに追加


もどる(第一回 マイ・ブラック・ミニドレスはこちら>>
<これまでのコラム一覧>
第二回 王女の男(2011年12月)はこちら>>
第一回 マイ・ブラック・ミニドレス(2011年11月)はこちら>>
韓国語スクール30分無料体験


韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話