トップページ日本語と同じ韓国語のことわざ >  ”第五回 日本語と同じの韓国のことわざ「雨降って地固まる」”
第五回 日本語と同じの韓国のことわざ「雨降って地固まる」

韓国の慣用句-5.日本の慣用句と同じ韓国の慣用句

안녕하세요!
梅雨(장마)明けで猛暑の日々が続いていますが、皆さんの今年の夏はいかがでしょうか。今回の慣用句は雨を思い出しながらコラムを準備してみました。

◎비 온 뒤에 땅이 굳어진다
「雨降って地固まる」
* 비 : 雨
* 오다: 来る ※ 雨とか雪が'降る(내리다)'と'来る'という表現をよく使います。
* 뒤 : あと
* 땅 : 土地
* 굳어지다 : 固まる

人間関係のなかで喧嘩とかの争いがあった後、仲直りをして以前より仲がよくなったり、個人的な失敗とかスランプをのり越えて以前より成長したりすることがありますが、もめ事があった後は、かえって物事が良い状態におさまるという意味です。日本と韓国は地理的にも近いので自然の環境も似ているところが多く、四季とそれぞれの季節による天気を物事に比喩して使う慣用句もやはり似ている表現が多いでしょう。実はこの前、梅雨で雨が続いたときはこう思っていました。暑くても良いから早く梅雨が明けたらいいのに...と。でも、いざこの暑さにふれてみたら気持ち良いぐらいの雨が懐かしくなりました。私は雨は嫌いではありません。というか、むしろ雨の音や降る景色が好きです。でも、慣用句・諺のなかでは'雨'はあまり良いイメージにはならないような気がします。ここで梅雨が入る他の慣用句を紹介したいと思います。

◎장마 끝의 참외는 그냥 줘도 안 먹는다

* 장마: 梅雨 * 끝 : 終り * 참외 : マクワウリ ※写真参照
* 그냥: ただ * 줘도 : 주다 (あげる・くれる)+도 -も
直訳すると「梅雨明けのチャメは、ただ(無料)でもらっても食べない」になりますが、雨がたくさん降るときの果物は甘くないから美味しくないという意味です。

   <참외 [チャメ]>
夏の果物といったら当然スイカだと思いますが、韓国ではもうひとつ!このチャメも人気の果物です。日本では、 新大久保の韓国のスーパーに行ったら見つけるぐらいでなかなかないでしょう。果物の大好きな私は梅雨明けの참외[チャメ]とか수박 (スイカ)をよく食べました。

では、最後に雨の慣用句を紹介します。結婚式で、よく牧師が言う「雨の日も晴れの日も相手を愛し...」とような文章です。ここでは'いつも、何があっても'の意味として天気を使っています。因みにですが、この結婚式の誓約の文章は韓国でも同じく使われています。
「비가 오나 눈이 오나 __을/를 사랑하겠습니까?」
私も雨の日も暑い日も韓国語を勉強する皆さんが大好きです。^__^
「저도 비가 오나 날씨가 더우나 한국어 공부를 하는 여러분을 사랑합니다!」

すすむ 日本語と同じことわざ  ”第六回 韓国語のことわざ、慣用句「夏ばて」”はこちら>>
もどる  日本語と同じことわざ  ”第四回 日本語と同じの韓国のことわざ「千里の道も一歩から」”はこちら>>