韓国語のことわざ、慣用句 第八回 「良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺」 : 姜 孝京(カン ヒョギョン)講師

トップページ韓国語教室アシェルの熱血講師の奮闘コラム > 姜 孝京講師 韓国語のことわざ、慣用句 第八回 「良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺」(2013年10月)
韓国のことわざ・慣用句
担当: 姜 孝京(カン ヒョギョン)講師
第八回 韓国語のことわざ、慣用句「良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺」(2013年10月)
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の慣用句−8.日本の慣用句と同じ韓国の慣用句

안녕하세요!
今月は凄い台風がありましたね。なのに午後は暑かったりしましたが、空を見上げてみると、本当に秋という感じがしますが、みなさんはどうですか。
私にとって、日本の秋は本当に良い香りがする季節です。いい香りというのは他でもなく、今の季節にいい香りがする木のことですが、実はその木の名前は今まで知りませんでした。
ちょうどこの時期に、オレンジの色の小さいお花が咲く木ですが...名前が金木犀という木でした。
涼しい風と一緒にこの香りが "本当の秋になりました!"と言ってくれるような気がします。
この香りは日本で初めて知り、むしょうに好きになったのです。
それで、この香りが欲しくて道端にあるこの木の花を摘んで小さい瓶に持って家に帰ってみたら、花からは香りがしなかったんです。(^^;;)恐らく、あの香りは木の全体から香るようです。
今の季節にオレンジの花と香!花の綺麗さと共に、いい香りという二つの良いことをしてくれる木だと思いました。

今回の韓国の慣用句は良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺です。

일석이조 (一石二鳥)= 일거양득 (一挙両得) = 꿩먹고 알먹고 = 도랑치고 가재 잡는다
意味はもうお分かりになりますね。
漢字語になっているものは日本でも、同じく使われるものです。

・꿩먹고 알먹고
直訳: 雉(きじ)もたべて、その卵も食べる。
・꿩 : 雉
・알 : 卵

・도랑치고 가재 잡는다
直訳:溝の掃除をして、ざりがにを取る。
・알 : 溝
・가재 : ざりがに
・>잡는다 : 取る

韓国語を勉強して、好きなドラマとか歌の歌詞がそのまま分かるようになる。
韓国旅行に一度いったら、すぐに個人で韓国旅行もできるようになる。
これこそ韓国語を勉強する「일석이조 」の楽しみではありませんでしょうか?(^^) このエントリーをはてなブックマークに追加

もどる 第七回 日本語と同じの韓国のことわざ「사람 마음이 화장실 갈 때 다르고 나올 때 다르다」(2013年9月) はこちらはこちら>>

<これまでのコラム一覧>
第九回 韓国語のことわざ、慣用句「急がば回れ」(2013年11月)はこちら>>
第八回 日本語と同じの韓国のことわざ「良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺」(2013年10月) はこちら>>
第七回 日本語と同じの韓国のことわざ「사람 마음이 화장실 갈 때 다르고 나올 때 다르다」(2013年8月) はこちら>>
第六回 日本語と同じの韓国のことわざ「夏バテ」(2013年8月) はこちら>>
第五回 日本語と同じの韓国のことわざ「雨降って地固まる」(2013年7月) はこちら>>
第四回 日本語と同じ韓国の慣用句「千里の道も一歩から」(2013年6月) はこちら>>
第三回 日本語と同じ韓国の慣用句「八方美人」(2013年5月) はこちら>>
第二回 日本語と同じ韓国の慣用句 玉にキズ (2013年4月) はこちらはこちら>>
第一回 日本語と同じ韓国の慣用句 (2013年3月) はこちらはこちら>>

韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話