トップページ日本語と同じ韓国語のことわざ >  ”第九回 韓国語のことわざ、慣用句「急がば回れ」”
第九回 韓国語のことわざ、慣用句「急がば回れ」

韓国の慣用句-9.日本の慣用句と同じ韓国の慣用句
급할수록 돌아가라/작심삼일

안녕하세요!
季節でいうと11月はまだ秋ですが、外はもう冬の感じです。実は外というより"'家の中がもう冬"だと言いたいです。^^;;でも、暖かい布団の中でおいしいおでんを食べながら、ドラマを見る楽しみもありましていいです。私は既に放送されたドラマを一気に次々と続けて見るのが好きです。韓国のドラマを見るうちに吹き替えとか字幕なしでみたいという気持ちになり、韓国語の勉強を始める方も多いですね。韓国のドラマのジャンルもたくさんありまして、ドラマの背景となる時代・場所・主人公の年齢などにより言葉もそれぞれ違います。早くドラマとか歌の歌詞が聞き取れるようになりたいという気持ちはすごくわかりますが、やはり文字を覚えそして文法を覚えるのには時間が必要でしょう。しかも、韓国語はフォーマルな雰囲気での文語体と会話体がだいぶ違いますので、それを習うことも簡単ではないと思います。最初は思ったより面白くないしなかなか聞き取れなかったのが、順番に勉強するうちに聞こえたり文字が読めてすぐ意味がわかるようになった時の楽しさと喜びは本人しか感じられないやりがいだと思います。

今回の韓国の慣用句は「급할수록 돌아가라 」です。
日本の諺「急がば回れ」の意味になります。
※급하다 : 急ぐ
※ㄹ(으)수록 : ければ(-ば、-ほど)
※돌아가라 : 回って行け

せっかく勉強を始めたので早く上達したいという気持ちはあるけど、なかなか進んだ感じがしなかったりしてガッカリするかも知りませんが、その時は 「작심삼일 (作心三日)」を繰り返しながら勉強するのはいかがでしょうか。実はこの話はあるダイエットのコーチが言った話でした。「작심삼일 (作心三日)」は日本で言う「三日坊主」です。3日ごとに 「작심삼일 (作心三日)」を続ければ、いつの間にか聞き取れるようになります。^^このコラムを書く私は3日はおろか毎朝、心に決めたことを夜になるとうやむやになることは多いですが、次の朝また新しい気持ちになって決心したりします。そのうち少しずつ良い方向と向かっていると思います。塩がたくさんあっても、鍋の中に入れなかったら味は少しも変わらないのと同じ話だと思います。

もどる  日本語と同じことわざ  ”第八回 韓国語のことわざ、慣用句「良いことが重ねて起きるという意味の四文字熟語と諺」”はこちら>>