お冷やも上下がある

トップページ > 諺で知る韓国の熱い心 第六回 お冷にも上下がある 
諺で知る韓国の熱い心
第六回 お冷にも上下がある
『お冷やも上下がある(찬 물도 위아래가 있다、チャン・ムルド・ウィアレガ・イッタ)』という俗諺があります。「何事にも順序があるのでその順序に従うべき」という意味です。他には、「どんな時でも年長者を優先するべき」という解釈もあります。似ている四字熟語としては「長幼有序(장유유서、ジャンユユソ; 長幼の序)」という言葉があります。「長幼有序」は大人と子供の間には厳しい順序がある、守るべき秩序があることを意味します。両方とも年上の人や目上の人を尊重する韓国の文化を表現しています。
韓国では取り分け「歳」を聞かれる場合が多くあります。「おいくつですか?(나이가 어떻게 되세요?、ナイガ・オトケ・ドゥセヨ?)」、「何歳ですか?(몇 살이세요?、ミョッ・サルイセヨ?)」「何年生まれですか?(몇 년생이세요?、ミョッ・ニョンセンイセヨ?)」のように直接的に聞く表現以外にも「学番(学生番号)は何番ですか?(학번이 어떻게 되세요?、ハクボンイ・オトケ・ドゥセヨ?)」という表現もあります。ここでいう学番(학번、ハクボン)というのは大学に入学した年度であります。例えば、2005年に大学を入学した人は上の質問に対して「05学番です。(공오학번이에요、ゴンオハクボンイエヨ)」のように答え、1986年生まれだということが分かります。仮に、自分が2005年に大学に入学した場合であっても、一浪、二浪して入学した場合は、「05学番ですが、歳は〜です。」というように答えます。
勿論、ビジネスの時など状況によって年齢を直接聞くのが失礼と思われる場合もありますが、韓国ではこのように初対面から年齢を聞くのが一般的です。他の国では歳のことは気にせず年齢よりも職業を聞く場合が多いと思いますが、なぜ韓国では最初から他人の歳を知りたがるのでしょうか。それは韓国では「歳によって呼称が変わる」文化があるからです。韓国語には様々な呼称が存在し、年齢と性別によって人の呼び方が変わります。女性の場合、年上の男性には「오빠 (オッパ)」、年上の女性には「언니 (オンニ)」、年下の男性と女性に対しては「동생 (ドンセン)」を名前の後ろにつけて呼びます。男性の場合、年上の男性を「형 (ヒョン)」、年上の女性を「누나 (ヌナ)」、年下の人に対しては女性と同じく「동생 (ドンセン)」と呼びます。
勿論、韓国も日本のように「〜さん」と呼ぶことに該当する「名前+씨 (氏、シ)」という呼び方もありますが、これは職場で社会人同士、公の場で使う呼称で、私生活では前述のような呼び方をします。 一、二年ぐらいの年の差しかない人同士であっても、オンニ、オッパ、ドンセンと呼ぶ概念があることで、上下関係が厳しく決まります。必ずではないですが、年上の人は年下の人にため口で、年下の人は年上の人に敬語を使うのが一般的です。上下関係の厳しさから、韓国では年齢が違う人とはなかなか「友達」にはなれない文化があります。つまり、韓国では同じ歳でお互いため口で話し、お互いの名前で呼べる人たちが「友達」と認識されます。一年や二年のわずかな歳の差がある人とは親しくなっても「友達」とは呼べず、「親しいオンニ」、「親しいオッパ」、「親しいドンセン」となります。
このような文化があることで、海外留学した後に高校に入学する人や留年する人、早生まれの人は色々複雑な立場に立たされます。例えば、高校のうちに一年間海外へ留学し、一学年を下の人と同じクラスで授業を受ける人は、クラスの中でオンニかオッパのような存在になるか、それとも年下の人たちに敬語は使わせず友達になるかを決めないといけないからです。仮に、友達になったとしても、上の学年にも友達がいることで立場は複雑です。他の例として、90年の早生まれのAは、学年は同じ89年生まれのBと友達になれるが、一つ学年が下の90年生まれのCとも自分が望めば友達になれます。しかし、89年生まれのBと90年生まれのCは違う生まれ年であることから、三人で会うと気まずい雰囲気になることもあります。
韓国では「お冷やも上下がある(찬 물도 위아래가 있다)」ということで、歳(나이、ナイ)に関してこのように多少複雑と思われる習慣があります。日本でも先輩と後輩の関係は厳しいですし、お年寄りを敬う文化もあります。若い人よりも歳を重ねた人のほうが経験も多く知恵もあると考えられるのは、韓国だけではなく東洋の価値観です。しかし、上で述べたように、たった一歳の「歳(とし)の差」で上下関係を決めるというのは韓国独特の文化だと考えられます。
「お冷やも上下がある(찬 물도 위아래가 있다)」という俗諺は、元々「目上の人を尊敬/配慮する」ことを強調する俗諺ですが、現代では、自分が少しでも年上であればそれを過度に強調し、「おい、お冷やにも上下があるぞ」と冗談交じりに年下の人に向かっていう人がいるのは少し悲しいことだと思います。韓国でも朝鮮時代までは年齢にこだわらず、五年、十年の年の差がある人たちでも友達になれたと伝えられています。しかし、今の韓国では、 長幼の序の文化が年によって上下を決める文化に少し変質したのではないかと思います。目上の人を尊敬するのはアジアの価値でもあり、儒教の教えでもあります。しかし、 序列意識を過度に捉え、若い人たちを無視したり、年齢が上だということで年下の人を見下したりするのはあってはならないことです。

すすむ 第七回 いとこが土地を買うと腹が痛い はこちらはこちら>>
もどる 第五回 他人の祝宴に柿をおけ梨をおけと言う はこちらはこちら>>
韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話