一言で千両の借りを返す

トップページ > 諺で知る韓国の熱い心 第十回 一言で千両の借りを返す
諺で知る韓国の熱い心
第十回 一言で千両の借りを返す
千両のイメージ 『一言で千両の借りを返す(말 한 마디에 천 냥 빚을 갚는다、マル・ハン・マディヘ・チョン・ニャン・ビスル・ガッヌンダ)』という俗諺があります。
どんなに大きな借金もうまい一言で返せるということで、「口がうまいと難しいことや不可能に見えることでも切り抜けられる」という意味です。それと同時に言葉尻に気をつけること、言葉を慎重に使うことの重要性を強調している諺です。
この俗諺の中で、両(?、ニャン)という単語は韓国の昔の貨幣単位のことで、「一言の言葉で千金の借金が免除される」とも表現できます。他に似ている表現として「一言の言葉で千金が左右される(말 한 마디에 천금이 오르내린다、マル・ハン・マディヘ・チョングミ・オルネリンダ)」という言葉があります。
韓国語ではこのように「言葉(말、マル)」を素材として出来た俗諺や表現が非常に多いです。他に挙げてみると、「足のない言葉が千里を行く(발 없는 말이 천리간다、バル・オッヌン・マリ・チョンリガンダ)」という俗諺があります。「言葉は足の無いものだけど、千里の外までも瞬く間に広がる」という意味で、言葉は慎重に使わないといけないという教訓を教えています。
日本語の「囁き千里」という表現に相当する言葉です。また他には、「昼間の話は鳥が聞き、夜の話はネズミが聞く(낮말은 새가 듣고 밤말은 쥐가 듣는다、ナッマルン・セガ・ドゥッゴ・バンマルン・ジガ・ドゥッヌンダ)」というのがあります。「誰も聞かない場所での話でも言葉に気をつけないといけない」という意味で、または、「秘密にしていた話でも必ず他の人に伝える」という意味を持ち、上記と同じように言葉を慎むことを強調している諺です。日本語の「壁に耳あり、障子に目あり」や「壁に耳」と同じように使われている俗諺です。
他には、「言葉の多い家は醤油の味も苦い(말 많은 집이 장 맛도 쓰다、マル・マンウン・ジビ・ジャン・マッド・スダ)」という俗諺もあります。これはもっともらしいことを言っているが実はよくないということで、「口数の多い家庭は何事もうまくいかない」という意味です。口数が多いことを嫌う考えを反映している俗諺だと言えます。この俗諺の中で「장、ジャン」という単語は醤油と訳されていますが、とくに醤油でなくても「고추장、コチュジャン」「된장、テンジャン」に使われている「장、ジャン」という単語と同じで醤油、味噌などの総称です。また、「行く言葉がきれいであれば来る言葉がきれい(가는 말이 고와야 오는 말이 곱다、ガヌン・マリ・ゴワヤ・オヌン・マリ・ゴッダ)」という俗諺もあります。文字通り、「相手と良い言葉で対すれば相手も良い言葉で対する」という意味を持っています。同じ日本語の表現として「売り言葉に買い言葉」というのが挙げられます。最後に、「口はゆがんでも言葉はまっすぐに言え(입은 비뚤어져도 말은 바로 하랬다、イブン・ビトゥロジョド・マルン・バロ・ハレッダ)」という俗諺もあり、「状況はどうでも言葉はいつも正直でないといけない」という意味です。
韓国では、上記のような代表的な俗諺以外にも「言葉」の重要性や陰口を叩かないことや、言葉を軽々しく出さないことを強調している表現が多いです。このような表現の存在から言葉の力や価値を伝えようとした韓国の先祖の知恵を窺うことが出来ます。だからといって、韓国人全てが言葉を慎む人ではありません。実は「おしゃべり(수다、スダ)」が大好きな人たちです。どこの国でも女性を中心に「おしゃべり文化」が発達していると思いますが、韓国でも主にカフェに座って何時間もなんだかんだ、ああだこうだとぺちゃくちゃしゃべっている人たちを多く見かけます。そのことから韓国では「女子三人が集まれば皿が割れる(?자 셋이 모이면 접시가 깨진다、ヨジャ・セシ・モイミョン・ジョッシガ・ケジンダ)」という表現もあります。おしゃべり自体が悪い訳ではないですが、口数が多いと他の人の「陰口(뒷담、ドゥイッダン)」、「悪口(험담、ホンダン)」や「雑談(잡담、ジャッダン)」、無駄話、余計な話まででてきてしまう時もあり得ます。上に述べた言葉に関する様々な俗諺は、このような韓国人の言葉好きの気質を昔の先祖たちが既に知りつくし、後世の人に警告するために作られたのではないか思います。
本論に戻り、「一言で千両の借りを返す(말 한 마디에 천 냥 빚을 갚는다)」や他に言葉に関する俗諺が韓国社会のどのような場面で使われているかを見てみましょう。日常生活で言葉の価値を強調する時に頻繁に使われますが、政治家や公人など、誰かが下品な言葉や暴言を発した時、マスコミの報道でも批判の意味を込めて使われることがあります。今年の夏、ニュースで「一言で千両の借りを返す(말 한 마디에 천 냥 빚을 갚는다)」という俗諺が使われました。
韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が野党の政治家たちの卑しい発言に対し、「一言で千両の借りを返す(말 한 마디에 천 냥 빚을 갚는다)」という俗諺を引用し、その意味を強調しながら言葉を賢明に使うことの重要性を野党の政治家たちに警告したことがあります。

もどる 第十回 横道にそれてもソウルに行けさえすれば良い はこちら>>
韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話