韓国語の魅力 - 韓国語が上手な日本人

トップページ >韓国語の魅力 第六回 韓国語が上手な日本人
韓国語の魅力
第六回 韓国語が上手な日本人
今回のコラムではみなさんのように韓国語を勉強してきた、あるいは韓国に住みながら自然と韓国語が上手になった2人の日本人を紹介します。既にみなさんもご存知の人でもいれば、そうではない人もいると思います。

1,초난강
草g剛さんです。彼の韓国語実力については知らない人はいないほどです。日本でもそうですが、韓国でも韓国語が上手な外国の芸能人として有名です。そのためか、韓国では「くさなぎつよし」よりも漢字を韓国式に読んだ「 초난강(チョナンガン)」と呼ばれています。
草gさんは、韓国のベスト・セラー本「練炭の道(연탄길)」を日本語に翻訳したこともあり、故 盧武鉉(노무현、ノ・ムヒョン)元大統領が訪日した時、ある対談で通訳もしたことがあります。その対談の時、草gさんは、盧大統領に「いつか日本で韓国語の映画を製作したいです。もしその映画が上映されたら、盧大統領にもぜひご覧頂ければと思います。」と話したそうです。その作られた映画が『ホテル・ビーナス(호텔 비너스)』です。この映画には草g剛、中谷美紀、イ・ジュンギ(이준기)、チョ・ウンジ(조은지)、香川照之が出演し、第26回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞しました。彼は芸能人であるにも関わらず、実に韓国語に関わる様々な活動をしてきました。
今年の年初に韓国のトーク・ショーに単独出演し、色々なことを話してくれました。その番組で彼は、「最近韓国語を勉強する時間がなくて下手になった、5歳の言語能力ぐらいだと思う。」と話していました。しかし、私には何が言いたいのかは分かるぐらい彼の韓国語は上手だと思いました。もし韓国語が下手だといっても、それよりも私にとって大事だったのは韓国語を学ぶ彼の姿勢だと思います。私だけではなく、多くの韓国人は草g剛さんの心に感動することだと思います。

2,양평이 형
長谷川陽平という人で、日本では認知度があるかどうか分かりませんが(たぶん知らない人のほうがほとんどだと思います)、「チャン・ギハと顔たち(장기하와 얼굴들)」というバンドのギターリストです。日本人なのに양평이 형とあえて書いたのは、最近彼がそのように呼ばれているからです。「陽平」を韓国式に読むと「양평 (ヤンピョン)」となりますが、형 (兄)をつけてもっと親しみを込めて呼ばれています。彼が有名になったのは「チャン・ギハと顔たち」が韓国の有名バラエティ番組「無限挑戦(무한도전)」に出演してからです。ギターを演奏する時とは違い、普段はシャイな顔をしている長谷川陽平さんが韓国視聴者の注目を集めました。さらに彼を有名にさせたのは、彼が日本の有名俳優、竜雷太(長谷川龍男)の息子だということでした。
その後、彼の韓国語の実力も話題になりました。1995年、東京のレコード店でバイトをしている時、常連さんだった音楽評論家が聞かせてくれた「申重鉉(신중현)」と「サヌリム(산울림、山鳴り)」の音楽を聞き、ショックを受けたそうです。その後「ゴブチャン・ジョンゴル(곱창전골、ホルモン鍋)」というバンドで活動し(ゴブチャン・ジョンゴルは彼が大好きな料理だったそうです)、その後、韓国に渡り色々な有名バンドのギターリストとして活躍し、今はバンドのプロデュースや他のバンドの客員メンバーとしても活動しています。
彼の在韓期間はもう15年以上にもなり、韓国でラジオに出演し流暢に話せるレベルだそうです。私も何回か聞いたことがありますが、本当に上手で聞きやすく話していると思いました。彼はあるインタビューで15年以上住んだから話せるのは当たり前だと謙遜して言いましたが、といっても私のような韓国人は彼の韓国語にびっくりします。

2人は韓国語が話せるようになった経緯が違います。草gさんは先生からあるいは独学で勉強しましたが、長谷川さんは韓国人との音楽活動を通して自然と話せるようになりました。しかし、韓国語を学ぶようになったきっかけはあまり違いがないと思います。草gさんも長谷川さんも韓国、あるいは韓国の人に関心を持つようになったのがそのきっかけでしょう。
これは韓国語を勉強しているみなさんにも同じではないかと一瞬、思うようになりました。みなさんも自分が関心がある所から韓国語を始めてみるのはいかがでしょうか。

すすむ 第七回 韓国語が上手な外国人 はこちらはこちら>>
もどる 第五回 韓国のおもしろいことわざ はこちらはこちら>>
韓国語の魅力 目次 
第一回 ハングルの誕生 >>
第二回 ハングルの科学性 >>
第三回 韓国における韓国語教育 >>
第四回 美しいウルマリ >>
第五回 韓国のおもしろいことわざ >>
第六回 韓国語が上手な日本人 >>
第七回 韓国語が上手な外国人 >>
第八回 美しい韓国詩 >>
第九回 韓国語の方言 はこちらはこちら>>
第十回 流行語になった韓国語の方言 はこちらはこちら>>
第十一回 仰天!同じ単語でも韓国語と日本語で意味が違う? はこちら>>
第十二回 父方の叔父さん?母方の叔父さん? はこちらはこちら>>
第十三回 何気なく使う外来語、韓国語ではなんと言う?  はこちら>>
第十四回 黄色は黄色でも濃い黄色  はこちら>>
第十五回 韓国人でも難しい韓国語の隠れたルール  はこちら>>
韓国語スクール30分無料体験

韓国語教室予約電話