""
トップページ【無料】動画で学ぶ韓国語会話 >  ”お腹が空きました”
"お腹が空きました"

배고파요

1) 例文
A : 아침부터 아무 것도 안 먹었어요. 배고파요.
  朝から何も食べていないです。お腹空きました。
B : 정말이요? 얼른 드세요!
  本当ですか?早く召し上がってください!

2) 説明
皆さんは、お昼は召し上がりましたか?わたくしはまだ食べていないです。 本当にお腹空きました。 さて、こういう時韓国では何というのでしょうか。

まずは、意味から!
「아침」は「朝」、「-부터」は「-から」、「아무 것도」は「何も」、「안 먹었다」は「食べていない」です。 それから、「배고프다」は「お腹空いた」です。 続いて「정말이요?」は「本当ですか?」、「얼른」は「早く」、「召し上がってください」という意味です。

それでは、詳しく見てみましょう!
(1) 아침 (朝)
では、「昼」は?「점심」です。「夕方」は?「저녁」です。「夜」は?「밤」です。 また、「아침、점심、저녁」はそのまま「朝食、昼食、夕食」という意味にもなります。
 ex) 아침은 잘 안 먹는 편이에요.
    朝食はあまり食べない方です。
    같이 저녁 어때요?
    一緒に夕食はどうですか?
(2) 아무 것도 (何も)
「아무 것도」の後ろには否定文が来ます。 また、「何でも」は「뭐든지」と言います。
 ex) 이번 여행에서는 아무 것도 안 샀어요.
    今回の旅行では何も買いませんでした。
(3) 안 먹었어요 (食べていないです)
 「食べます」は「먹었어요」ですが、前に「안」を付けると「食べていません」という否定文になります。 また、「못」を付けると「못 먹었어요(食べることができませんでした)」という意味になります。
 ex) 맛이 없어서 안 먹었어요.
    美味しくなかったので食べませんでした。
    일이 바빠서 못 먹었어요.
    仕事が忙しくて食べることができませんでした。
(4) 얼른 드세요 (早く召し上がってください)
「얼른」は「早く」、「드세요」は「召し上がってください」という表現です。人に飲食を勧める時に使います。
 ex) 저는 많이 먹어서 괜찮아요. 얼른 드세요, 국이 식겠어요.
    私はたくさん食べたので大丈夫です。早く召し上がってください、お汁が冷めますよ。

3) 使ってみよう!
では、習った言葉を使って「お腹が空きました。何でもいいので食べたいです。」を韓国語にしてください。
正解は! 「배고파요. 뭐든지 좋으니까 먹고 싶어요.」です。

すすむ 第15回 動画で学ぶ韓国語 ”誕生日はいつですか?”はこちら>>
もどる第13回 動画で学ぶ韓国語 ”心配しないでください”はこちら>>