""
トップページ【無料】動画で学ぶ韓国語会話 >  ”苦いですか?”
"苦いですか?"

써요?

1) 例文
A : 감기에 걸렸을 때 한국에서는 생강차를 마셔요.    
  風邪を引いた時、韓国では生姜茶を飲みます。 
B : 생강이면 써요?     
  生姜だと苦いですか?

2) 説明
皆さん、最近寒くなりましたね。
風邪を引かないように気をつけてください。 韓国では風邪を引いた時生姜茶を飲みますが、私は苦くてあまり飲めません。 さて、苦いは韓国語で何と言うのでしょうか?

まずは、意味から!
「감기에 걸리다」は「風邪を引く」、「-았/었을 때」は「-する時」、「-에는」は「-では」です。 「생강차」は「生姜茶」、「마시다」は「飲む」です。 「-(이)면」は「-だと」、「쓰다」は「苦い」、「쓰지 않다」は「苦くない」です。

それでは、詳しく見てみましょう!
 (1) 감기에 걸리다 (風邪を引く)
    日本語では助詞として「を」を使いますが、韓国語では「에(に)」を使います。 注意してください。  
  ex) 감기에 걸려서 회사에 가지 못했어요.     
     風邪を引いて会社に行けませんでした。
     요즘 일교차가 심해서 감기에 걸리기 쉬워요.     
     最近日中の気温さが激しいので風邪を引きやすいです。
 (2) 쓰다 (苦い)
「쓰다」には「苦い」という意味の他に「書く」、「かぶる」、「使う」という意味があります。 また、「苦いです」は「쓰어요」ではなく「써요」ですので注意してください。  
 ex) 삼계탕은 인삼이 써서 잘 못 먹어요.     
    サムゲタンは人参が苦くてあまり食べられません。     
    일기를 썼어요.     
    日記を書きました。     
    모자를 쓰고 있어요.     
    帽子をかぶっています。     
    이 수분크림 써 봤는데 괜찮았어요.     
    この水分クリーム、使ってみたんですが良かったです。

3) 使ってみよう!
では、習った言葉を使って「風邪を引いて生姜茶を飲んだんですが、苦かったです。」を韓国語にしてください。
正解は! 「감기에 걸려서 생강차를 마셨는데 썼어요」です。

すすむ 第24回 動画で学ぶ韓国語 ”ソウル駅に行ってください”はこちら>>
もどる第22回 動画で学ぶ韓国語 ”何がいいかな?”はこちら>>