トップページ > 韓国語の速習 スピードスタディ講座 > "第五回 韓国に行かなくても「韓国語で暮らす」!?”
第五回 韓国に行かなくても「韓国語で暮らす」!?

皆さん、韓国への留学、どなたでも一度は考えたことあると思います。わたくしの生徒さんにも韓国語の上達のために、韓国留学を夢見る方が沢山いらっしゃいます。 このように留学の目的といえば、断然語学の上達です。要するに、勉強に最高の環境を作るためですね。 「日本では韓国語を使う機会が限られているから」とか「韓国で語学以外にも文化など体験できるから」とか、韓国留学を望む皆さんの韓国語に対する悩みでもあります。 ところで、そのような学習欲が「日本でも!」できる方法があります。 もちろん、現地と比べるのは無理がありますが、「韓国に行かなくとも!」日本で韓国語の上達に役立つ勉強方があります。結論から申しますと、「韓国語で暮らす」ということです。 とても簡単ですよ。韓国語を生活の中に取り込んで、韓国と似たような環境を作っていくのです。 ここでは、「5x5ステップ勉強方」の最終章として、今までの勉強方を纏める閉めの勉強方をお伝えします。 全ての勉強方は、実際にわたくしの教える生徒さんにもご紹介している方法で、勉強方通りに実践して上達されたという声を沢山頂いております。 ここまで出来たならば、もう大丈夫です。どなたでも韓国語の上級者になれます!

第一章 読む。
第二章 書く。
第三章 聴く。
第四章 話す。
第五章 韓国語で暮らす。

それでは、最終幕が今開きます!

第五章 韓国語で暮らす。

皆さん、序論で「韓国と似たような環境を作る」と申しましたが、実際にそんなことができるのか不安ですよね。 ところで、韓国と似たように作るからといって、本当に周りが魔法みたいに韓国に変わるとは思ってないですよね。 ここでいう韓国作りというのは、あくまで「韓国語を沢山使う」という意味で、普段の生活から少し手間を入れるだけで韓国で勉強するような学習環境を作るという意味です。 言語だけではなく、学習で最も重要なのは、「環境作り」です。 学生の頃、静かなところを探して図書館に言ったり、耳栓を付けたり、チョコレートを食べたり…。 様々な方法を使って勉強に最強の環境を作った経験、いらっしゃると思います。 そのように、韓国語の勉強に最強の環境を作るのが、最終章「韓国語で暮らす」のポイントです。 生活の中に、韓国語を入れ込む!これを最後まで志してくださいね。

1.韓国小説を読もう。
最初の環境づくりは、「韓国小説を読む」です。 小説ほど、その国の文化を分かるものはありません。 私たちが源氏物語など、古代の文学を読む理由には色々あると思いますが、最もの目的は当代の文化を分かるためです。文学は当代の鏡ですから。 最近は、都立・私立図書館にも韓国語言語の書籍がたくさん配置されているので、韓国小説を手に入れるのは難しくないと思います。 韓国広報文化院にも図書館が設置されてあるので、そちらを利用するのもいいと思います。 とにかく、読む!これがステップ1です。 毎日の電車で、お昼休み、お風呂上りの寛ぎの時間など、ハングルを馴染ませましょう。 もちろん内容は最初から分からなくてもいいですよ。 ただただ、只管読んでいくのが大事です。 「第一章読む」の5x5ステップで読んでいくのも良いです。読みの練習で舌を韓国語に馴染ませるのです。

EX)  태연은 생각했다. ‘오늘은 5일장이 열리는 날이니까 집에 가는 길에 맛있는 수박이라도 사 드려야겠다.
할머니께서 좋아하실 거야.’ 쨍쨍 내리쬐는 햇볕 속에서 밭에서 일하실 할머니를 생각하자 눈물이 핑 돌았다.

→ 読み:[태여는 생가캗따. ‘오느른 오일짱이 열리는 나리니까 지베 가는 기레 마싣는 수바기라도 사 드려야겓따. 할머니께서 조아하실 꺼야.’ 쨍쨍 내리쬐는 핻뼏 소게서 바테서 이라실 할머니를 생가카자 눈무리 핑 도랃따.]

2.日記を書こう
ステップ2は「日記を書く」です。 こちらは、「第二章書く」編でもご紹介しましので、長く説明は致しません。 日記ほど日常的なものはございません。何でもいいです。どんなに小さいことでもいいです。一日を振り返ってみて感じた様々なことを纏めて書きます。日記は主に感想が多い文であるので、擬声語・擬態語を覚えるチャンスにもなります。
EX)  오늘은 햇볕이 쨍쨍 내리쬐는 무더운 날씨였다.
문득, 밭에서 고생하실 할머니가 생각이 나서 집에 가는 길에 알이 꽉 찬 수박을 사 가지고 갔다.
활짝 웃으시며 반겨주시는 할머니를 뵈자, 피로가 사르르 녹았다.
→ 擬声語・擬態語: 쨍쨍 (ぎりぎり、かんかん)、 꽉 (しっかり、ぎゅうぎゅう)、 활짝 (からりと)、 사르르 (とろりと、はらりと)

3.韓国ニュースを聴こう 。
ニュースほど今の情勢を表すものはないと思います。日本でもそうですよね。最近はスマホとかでちょっと覗くだけで最新のニュースが分かりますから。 そのように、手間を掛からずちょっと覗いてみるだけで十分です。 韓国語を勉強していらっしゃる皆さんですので、サイト名は明記いたしませんが、韓国で最も有名なポータルサイトってありますよね。 韓国はITが非常に発達している分、サイトの出来がとても良いです。 過去の放送局別ニュースも映像まで載せて誰でも簡単に見られるようになっておりますので、勉強に大変役立つと思います。 韓国ではよく8~10時がニュースの時間帯です。実際に放送された映像を全て見られます。 もちろん、ステップ1と同じく最初は意味が分からなくてもいいですよ。 あくまで、全ての感覚を韓国で暮らすように馴染ませるのが大事ですから。 それでも、映像や字幕などから何となく意味が分かると思います。 日本で報道される記事ではなく、生き生きとしたリアルタイムで提供される現地の記事を読んでみましょう!

EX)  요즘은 가습기보다 제습기 시장이 더욱 잘 나가고 있습니다.
우리나라가 동남아 날씨를 닮아가는 이른바 기후변화 때문인데 주목할 점은 이 제습기가 대형화, 고급화되고 있다는 점입니다 (出所:MBCニュースデスク、2014.06.23). → 分かるもの:除湿機がよく売れている。東南アジアの気候に変わってきたから。しかも大型・高級除湿機が人気が出ている。

4.とにかく韓国語で喋る!
ステップ4は、とにかく韓国語を使って喋ることです。 「いやいや、韓国でもあるまいし、喋りたくてもできませんよ」と思っていらっしゃいませんか。そうですね。 お仕事もありますし、日本で韓国語を使って生活をするというのは、基本的に不可能です。 最初にも申しましたが、韓国と似たような環境を作るというのは、周りを変えるのではなく、自ら韓国人に成りきって韓国語を沢山使うということです。 さ、まずは、目に見える全てを韓国語で表現してみましょう。 道中を歩いていると、色んなことが目に見えてきます。 「あの服、可愛いな」、「あれ?あの映画、今日から公開だっけ?」、「明日の会議、上手くいくかな」、「あ~ アイス食べたい~」…。 何も考えず歩いている人はいないと思います。その、心の中の全ての声を韓国語にするのです。

EX) 
あの服、可愛いな! →  저 옷 예쁘다!
あれ?あの映画、今日からだっけ? →  어? 저 영화, 오늘부터 개봉이었어?
明日の会議、上手くいくかな。 →  내일 회의 잘 할 수 있을까?
あ~ アイス食べたい~ →  아~ 아이스크림 먹고 싶어~
あ、傘忘れちゃったよ! →  아이고, 우산 안 가져왔네!
電車、遅いな。 →  전철이 늦네.
帰りに何買っていこうかな。 →  집에 갈 때 뭐 사 가지고 가지?

5.韓国語でダイアリーを書こう!
いよいよ、最後のステップです。ステップ5は、韓国語でダイアリーを作成することです。 最近はダイアリーを使わない方もいらっしゃいますが、スマホのアプリとかでも手に持ち歩かなくても簡単に作成することができますので、この機会に是非ダイアリーを作ってみてください。方法は簡単です。
ダイアリーを韓国語で書くだけです。
こちらをオススメする理由は、日常の些細なことをメモすることで、毎週間の日程で韓国語を頭に浮かべるからです。 分かりやすくいうと、大体がそうでありますが、人はある事を思い出させるとき、イメージ化したものを頭に浮かべます。 例えば、「明日の会議」を思い出させる際、会議というイメージを頭に描くんですね。 もし、ダイアリーで「 회의 (会議)」と書いておけば、ダイアリーのカレンダーをイメージするので、ハングルも同時に思い出させるのです。 そんな風に些細な事を記録していく習慣をつけると、単語が覚えやすくなることは当然、関連することまで言葉が広がる効果があります。 纏めますと、韓国語で暮らすというのは、どれだけ生活の中で韓国語を入れ込み、使うというのが重要です。 生活の全ての要素を韓国語に当てなければならないです。 韓国語を趣味で勉強する方が多いですが、本当に趣味で終わっては上達はしません。 韓国旅行に行く前に聞こえてくる通り日本語で読み方を覚えるような勉強法は、あくまで「趣味」です。 少なくともこちらの文を読んでいただく方は、それ以上に韓国語の本気で勉強し、上達を本気で望んでいる方々だと思います。 少し厳しく聞こえるかもしりませんが、言語を勉強するというのはそんな甘いことではありません。 厳しく努力しなければ、永遠上達はありませんよ。甘く見てはいけないです。 だからといって、趣味で始まったのがストレスになって嫌になってしまえばいけませんので、わたくしはなるべく簡単に、楽しく勉強できる方法をご紹介するまででございます。 後は、それを皆さんがどれだけ吸収してご自分のものにするかの問題です。 全てを韓国語に当ててくださいとお願いするのも、日常生活の中で自然な形で楽しく勉強するためのアドバイスです。 わざと時間を作らなくとも、少し観点を変えることで楽しく、そして正しく学習できる方法をお伝えしたつもりです。

さ、「第一章読む」から「第五章韓国語で暮らす」まで、「5x5ステップ勉強方」というタイトルでお伝えしました全ての勉強方が終わりました。 ここまで読んでいただいた皆さん、そして「5x5ステップ」に合わせて日々努力してきた皆さん、本当にお疲れ様でした! 各項目別説明は長くなりましたが、決して難しい話ではありません。 一回読んでいただけるだけで無理なく理解できる内容ですので、どなたでも簡単に練習できると思います。 5x5ステップはここで終了ですが、決して終わりではありません。 覚えていただいた項目を、地道にこれからも続けてくださいね。初心を忘れずに。 いつか韓国の旅行先で、韓国人とネイティブ並みの韓国語で話される皆さんを夢見て、頑張ってください! わたくしも、他の書き込みで、皆さんの韓国語勉強に役立てる情報を提供できるように頑張ります。

"아자, 아자, 파이팅!!!"

すすむ   ”第六回 韓国語の発音を良くするために知っておきたい5つのコツ”はこちら>>
もどる  ”第四回 一人でもできる韓国語の会話練習法!”はこちら>>