トップページ > 韓国語の速習 スピードスタディ講座 > "第二十一回 昨日までの私、韓国語が出来なかった。今日も出来ない。けど、明日は出来る!?たった3つの表現で韓国語の時制は問題なし”
第二十一回 昨日までの私、韓国語が出来なかった。今日も出来ない。けど、明日は出来る!?たった3つの表現で韓国語の時制は問題なし

皆さんは、韓国語をどこまで話せますか。 変な質問だと思いますが、まだ韓国語を習い始めた方は「いつまで現在のことしか話せないの?」と苦笑いされたことがあるかもしれませんね。 ある日、過去形の勉強が終わった後、ある生徒さんが「先生!やっと日記が書けます!」と言ってきました。 その姿がとても可愛らしくて一緒に喜んだのを思い出します。 それくらい、「時制」をマスターすることは基本中の基本になると思います。 時制が出来ていれば、簡単な意思が表明できますので。
ところが、中級になられた方でも「時制」で苦労をされる方が多く、毎回間違ってしまうと悩まされる方が大勢いらっしゃいます。
ということで!
今回は皆さんの悩みをスッキリ大解決して差し上げたく、「時制の纏め編」を用意しました。 昨日まで韓国語が出来なかったあなた!今日も出来ていないあなた!でも、明日は出来ます!

時制とは?
時制とは何ですか。辞書を開けばその定義は難しくなく分かると思いますが、わたくしなりの定義を申しますと「時間の流れによる使い分け」だと思います。 要するに、過去か現在か未来かの時間に沿って分かりやすいように伝える一つの方法なんですね。そのゆえ、「基本中の基本」と命名してみました。 それでは、日本語には時制があるのでしょうか。むろん、存在します。 ただし、日本語は未来形が明確ではないんですね。 主に「~するつもりです」や「~したいと思います」など、他の表現を通じて表現します。 本文の題名のように「明日は出来ます」と現在形が未来形に代わる場合もあります。 それに比べて韓国語は、比較的に未来形がはっきりしています。 これから詳しく見ていきますが、主に「~겠습니다 」や「~(으)ㄹ게요 」、「~(으)ㄹ 거예요 」がそれに当たります。時には日本語のように「 내일 서울에 가요 (明日ソウルに行きます)」と現在形が未来形を代えることもあります。

過去・現在・未来へタイムスリップ!
それでは、具代的に韓国語の時制について学んでみましょう。 過去・現在・未来の3つに分けて、それぞれに該当する表現を覚えます。 覚える時のコツは、時制を現す言葉―例えば、昨日・今日・明日のような―を付けることです。 より理解しやすくなります。

1. 過去「-았/었-」
左側の画像を見てください。
お父さんが昔の若かった自分を回想していますね。 「あ~昔は私も若かったな~」。さ、この言葉を韓国語にしてみます。
「 아~ 옛날에는 나도 젊었어~」
作り方を見てみましょう。
皆さん、平叙文の会話体である「-아/어요 」の作り方、覚えていますか。 語幹の母音が「 ㅏ、ㅗ 」の場合は「-아요 」を付け、それ以外の母音には「-어요 」を付けます。 また、「 하다 (する)」は「 해요 」になりますよね。 それと同じです。過去形を作る時も語幹の母音が「 ㅏ、ㅗ 」の場合は「-았다 」になり、それ以外は「-었다 」になります。 「 하다 」は「 했다 」になります。 「若い」は「 젊다 」なので、母音が「 ㅏ、ㅗ 」ではないため「-었다 」になります。 つまり、「若かった」は「 젊었다 」です。 ただ「 젊었다 」は過去の基本形なので、これを話し形にすると「 젊었어 」になるんですね。

<韓国語の過去形 : -았/었->

<例文>
어제 백화점에서 쇼핑 했어요. 昨日デパートでショッピングしました。
지난 주 에 친구하고 놀았어요. 先週友達と遊びました。
작년 여름에 서울에 갔어요. 去年の夏にソウルに行きました。
아까 점심 먹었어. さっきお昼食べたの。
옛날 에는 노래 잘 불렀어. 昔は歌上手だったよ。
그 책은 전 에 읽어 봤어. その本は前読んでみたの。

2. 現在「-아/어-」
次は、現在形です。
韓国語の現在形は大きく2つに分かれますが、一つは公の場や硬いニュアンスを持たす「-(스)ㅂ니다 」体で、もう一つは普段の会話で最も使われるラフな感じの「-아/어요 」体です。  ところで、「-아/어요 」体はこれ一つで叙述・疑問・勧誘・命令4つとも表すことが出来て、それに語尾の「 요 」を外すことでタメ口に変わるので、覚えて置くととても便利です。 ということで、現在形では「-아/어요 」体にスポットを当て説明します。 下記の例文を見てください。

「お昼はいつもサンドイッチを食べます」

「 점심은 늘 샌드위치를 먹어요 」

「お昼はいつもサンドイッチを食べるの」

「 점심은 늘 샌드위치를 먹어 」

この人は昨日も今日もきっと明日も、お昼にはいつもサンドイッチを食べる習慣があるんですね。 このように、現在形は習慣的に行うことや一般的な事実を表します。
それでは、作り方を見てみましょう。
先ほど申しましたように、「-아/어요 」体は丁寧語とタメ口が語尾「 요 」の添付によります。 丁寧語「食べます」の「 먹어요 」から語尾の「 요 」を取った「 먹어 」は「食べるの」という意味のタメ口になります。 そのゆえ、作り方さえきっしりと覚えて置くと自由自在に丁寧とタメ口を使うことが出来ます。 「-아/어-」は過去形の作り方と同じく語幹の母音で判断をします。 母音が「 ㅏ、ㅗ 」の場合は「-아요 」を付け、「 ㅏ、ㅗ 」以外の場合は「-어요 」を付けます。 また、「する」の「 하다 」は「 해요 」になります。

<韓国語の現在形 : -아/어->

月曜日から土曜日まで会社に行きます。
매월 1일에 용돈을 받아요.
毎月1日にお小遣いをもらいます。
한국에서는 어른이 오시면 자리에서 일어서요.
韓国では目上の人が来ると席から立ち上がります。
나는 매일 아침 신문을 읽어.
私は毎朝新聞を読むの。
주로 백화점에서 쇼핑 해.
デパートでショッピングするの。

番外
韓国語には英語のように「-ing」の現在進行形が存在します。 日本語にも「~ている」と、現在進行形がありますよね。 まさに、今!やっている!ということなんですが、韓国語では「-고 있다 」と言います。 作り方は、語幹のバッチムや母音に関係なく、「-고 있다 」を付けるのみです。

<韓国語の現在進行形 : -고 있다 > 現在進行形 例文
A : 지금 어디예요? 今、どこですか?
B : 가고 있어요. 곧 있으면 도착해요. 行っています(向かっています)。もうすぐで着きます。
A : 내가 빌려 온 만화책 못 봤어? 私が借りてきた漫画見なかった?
B : 지금 성민이가 읽고 있어. 今、ソンミンが読んでいるよ。
요즘 살이 많이 쪄서 운동하고 있어요. 最近太りすぎて、運動をしています。

3. 未来「-(으)ㄹ 거-」
最後は未来形です。
序論にも話しましたが、日本語では未来形がはっきりしてないため、多くの日本人学習者が難しがられる部分でもあります。 韓国語の未来形は「-(으)ㄹ 거-」を基本にしています。 他に未来や意志を表す「-겠-」というのもありますが、最も使われるのは会話体ですので、こちらでは「-(으)ㄹ 거-」に基づいて説明します。
未来形の「-(으)ㄹ 거-」は、「チェジュドに行くつもり」という未来を示しているのは当然、「菜の花を必ず見ます」という意思を同時に表します。 そのゆえ、時には「明日デパートに行きます」など日常の一般的な未来の事実を表す時には、「 내일 백화점에 가요 」と日本語のように現在形が未来形の代わりになることもあります。
それでは、作り方を見てみましょう。 未来形の作り方はとても簡単です。語幹のバッチムの有無によって変わります。 バッチムが有る時は「-을 거-」、無い時は「-ㄹ 거-」になります。 また、語尾は丁寧語は「-예요 」を付け、タメ口は「-야 」を付けます。

<例文>
내일 친구를 만날 거예요. 明日友達に会います。
다이어트를 할 거예요. ダイエットをします。
이제부터 저녁은 안 먹을 거예요. これから夕食は食べないつもりです。
백화점에서 뭐 살 거야? 난 구두 살 거야. デパートで何買うの?私は靴買う。
내년에 대학교에 들어가요. 来年に大学に入ります。

チッェク!チェック!
それでは、今まで学んだ内容を確認してみましょうか! 最近夏休みシーズンを向かいまして、日本国内や海外へと避暑に行かれる方が多いです。
ということで「昨日まで韓国にいました。今日は日本にいます。来年も韓国に行くつもりです。」を韓国語に変えてください。
ヒントは「居る」は「 있다 」、「行く」は「 가다 」です。

皆さん、分かりましたか?正解は!
「 있다 (居る)」はバッチムが有るので「-었어요 」を付け加えます。
従って、「居ました」は「 있었어요 」です。

(2)今日は現在
同じく「 있다 (居る)」はバッチムが有るので「-어요 」を付け加えます。
従って、「居ます」は「 있어요 」です。

(3)来年は未来
「 가다 (行く)」はバッチムが無いので「-ㄹ 거예요 」を付け加えます。
従って、「行くつもりです」は「 갈 거예요 」です。

まとめ
さ、ここまで過去・現在・未来へと歩んできましたが、いかがですか?皆さんの時制に関するもどかしさは取れましたでしょうか。 もう一度簡単に纏めてみましょう。 まず、過去形は「-았/었-」で表します。丁寧な形は語尾に「 어요 」を付けて「-았/었어요 」、親しい関係で使うタメ口の形は語尾に「 어 」を付けた「-았/었어 」でした。 次に、現在形は「-아/어-」で表します。丁寧な形は語尾に「 요 」を付けて「-아/어요 」、タメ口の形は何も付けずに「-아/어 」でした。それから、英語の「-ing」に当る現在進行形「~ている」は「-고 있어요 」でしたね。 最後に、未来形は「-(으)ㄹ 거-」で表します。丁寧な形は語尾に「 예요 」を付けて「-(으)ㄹ 거예요 」、タメ口の形は語尾に「 야 」を付けて「-(으)ㄹ 거야 」でした。 また、日本語のように現在形の「-아/어-」が未来形に代わる場合もありました。
むろん、時制だけでは言いたいこと全てを伝えられないですよね。 それでも、初級の段階で最低限の意志を表するに、時制は決して欠かせない大事な軸です。 ここからどんどん会話が広がりますので。 今すぐにでも勉強の効果を得たいと思う皆さんには、時制の勉強こそ見逃せない部分です。 必ずマスター出来るよう頑張りましょう! 昨日までの皆さん、韓国語出来ませんでした。今日も出来ていません。 けど、明日の皆さんは出来ますよね?