トップページ > 韓国語の速習 スピードスタディ講座 > "第二十六回 知っておくと便利!会話をより豊富にしてくれる韓国語の相づち10選”
第二十六回 知っておくと便利!会話をより豊富にしてくれる韓国語の相づち10選

皆さん、韓流ドラマや映画お好きですよね? 韓流マニアの方で現在放送中の全てのドラマをチェックしたり、日本で公開する映画は必ず見に行ったりなど、日常が韓流で溢れている方をお目にかかることも多いですが。 このように、毎日欠かせなく韓国語を聞いていると頻繁に使われる単語やフレーズを自然に覚えてしまいます。その中でも、「相づち」言葉は本当によく聞く言葉であるため、ハングルが読めない方でも覚えていたりするんですが。 この相づちは日本でもそうですが、自分の感情を表したり相手の言葉に対する返事として、コミュニケーションでは非常に重要な役割を果たしています。 当然、相づちが上手ければ上手いほど会話も進みますし、微妙な感情の相通になるので、より豊富で質の高いコミュニケーションに繋がれます。 有名なの達弁家は、自分が話すよりよく聞いてあげることが重要だとも言いますが、この相づちこそ相手に「私はあなたの言葉に興味を持ってちゃんと聞いていますよ」という信号のようなものではないでしょうか。
ということで! 今回は韓国語の相づちについていくつかをご紹介したいと思います。 普段日常で使える相づちを厳選し、すぐにでも適用できるように、日本語と比べながら説明させていただきます。 ここでご紹介する相づちを使うことで、皆さんの心境や感情、意図、ニュアンスなどなど、より自由自在に皆さんを表現できると思います。 最後まで付き合ってくださいね!

韓国語の相づちその1) 아, 정말요?
こちらは、日本語に訳すと「あ、本当ですか?」という意味です。 使う頻度で言ったら恐らく相づちの中ではダントツ1位ではないでしょうか。日本でも本当によく使う言葉ですよね? 主に始めて耳にした言葉や事実など、驚いた時に使う相づちですが。 必ずそうでなくても口癖のように何でも「あ、本当ですか?」、「あ、本当に?」、「え、マジで?」という風に使いますよね。韓国もそうです。 特に最近の若者は何事でもこの言葉を口にします。 相手に「あなたの言葉をよく聞いていますよ」と伝えるには最適の言葉ではないでしょうか。 韓国では、「아, 정말요?(あ、本当ですか?)」の他にも同じ意味として「아, 정말?(あ、本当に?)」、「아, 진짜?(え、マジで?)」などを使います。 どちらも頻繁に使うものなので、わざと意味を区別して使い分ける必要はありません。丁寧語かタメ口かの使い分けぐらいで大丈夫です。

例文(1)
A : 내가 어제 백화점에 갔는데 하하랑 별이랑 같이 있는 거 봤다?
   わたしね、昨日デパートに行ったんだけど、ハハとビョルが一緒に居るのを見たの!
B : 아, 진짜?
   え、マジで?
例文(2)
A : 이번 여행은 영업부 사람들도 같이 가기로 했어요.
   今回の旅行は営業部の人たちも一緒に行くことにしました。
B : 아, 정말요?
   あ、本当ですか?
例文(3)
A : 있잖아, 있잖아! 다음주에 슈퍼주니어가 일본에 온대!
   ね、ね!来週スーパージュニアーが日本に来るんだって!
B : 아, 정말?
   え、本当?

韓国語の相づちその2) 그렇구나!
こちらは、日本語に訳すと「そうなんだ!」という意味です。 「아, 정말요?(あ、本当ですか?)」と共に新しく知った事実などに対しての驚いた気持ちを表す相づちです。 他の訳としては「なるほど!」、「そうか!」、「そうですね!」などがあります。 「아, 정말요?(あ、本当ですか?)」が軽く何にでも使える相づちと言ったら、「그렇구나!(そうなんだ!)」は「아, 정말요?(あ、本当ですか?)」より驚きの感情が多いと言えます。 また、丁寧語よりタメ口になっているのも、独り言のように自分が知った事実に対しての表現に近いからなんです。 また、「그렇구나」の前に「아-」をつけて語尾を長く発音すると、日本語の「へぇー」のようなニュアンスになり、驚きのほどによって語尾を上げたり下げたりします。

例文(1)
A : 일본에서 파는 김치는 실제 한국에서 파는 김치보다 단가 봐.
   日本で売っているキムチは実際に韓国で売っているキムチより甘いんだって。
B : 아- 그렇구나.
   へぇー、そうなんだ。
例文(2)
A : (수학문제를 가르쳐주며) 이건 이렇게 하면 간단하게 풀 수 있어.
   (数学の問題を教えてる) これはこうすると簡単に解けるよ。
B : 아, 그렇구나!
   なるほど!
例文(3)
A : 먼저 예약하고 가면 안 기다려도 되지 않아요?
   先に予約して行けば待たずに済むんじゃないですか?
B : 아, 그렇구나!
   あ、そうですね!

韓国語の相づちその3) 그랬구나….
先ほどの「韓国語の相づちその2」に続いてですが、こちらは「그렇구나!(そうなんだ!)」の過去バージョンです。 つまり、訳すと「そうだったんだ!」という意味になります。同じく始めて知った事実に対する驚きの感情を表すものです。 ただ、それが過去にあった事実に関することにその違いがあるだけです。 なので、使い道としては基本「그렇구나!(そうなんだ!)」と一緒です。 こちらもその時の感情によって語尾を上げたり下げたり、伸ばしたり短くしたりします。
例文(1)
A : 여름아, 요즘 왜 이렇게 힘이 없어? 무슨 일 있어?
   ヨルムちゃん、最近元気がないね。何かあったの?
B : 사실 나…. 남자친구랑 헤어졌어.
   実はわたし、彼氏と別れたの。
A : 그랬구나…. 많이 힘들었겠다.
   そうだったんだ。辛かったよね?
例文(2)
A : 동완이 말이야, 얼마 전에 여름이랑 헤어졌나봐. 그래서 계속 기분이 안 좋았던 것 같아.
   ドンワンくんね、この間ヨルムちゃんと別れたみたい。だからずっと気分がよくなかったみたいなの。
B : 아, 그랬구나. 난 나한테 화난 게 있는 줄 알았어.
   あ、そうだったのか。 私は、私に怒っているのかと思ったよ。
例文(3)
A : 뭐야- 난 오늘 시험 치는 줄 알고 진짜 열심히 공부했는데!
   何だよ、私は今日がテストだと思って、本当に頑張って勉強したのに!
B : (웃으면서) 그랬구나! 아니야, 다음 주에 본댔어.
   (笑いながら) そうだったんだ!違うよ、来週って言ってたよ。

韓国語の相づちその4) 그래요? / 그래요-
こちらは、日本語に訳すと「そうですか」という意味です。 ただ、語尾を上げて「그래요?」と言うと単純に「そうですか」という意味ですが、語尾を下げて長く伸ばす感じで言うと「いいですよ」、「そうしましょう」といった同意や許可の表現にもなります。 タメ口ですと「요」を取って「그래?(そうなの?)/그래-(いいよ/そうしよう)」と言います。
例文(1)
A : 내일 비가 많이 온대요. 우산 꼭 챙기세요.
   明日は大雨らしいですよ。傘忘れないでくださいね。
B : 그래요? 우산 꼭 들고 나가야겠네요.
   そうですか。傘必ず持って出かけないとですね。
例文(2)
A : 오늘 저녁 시간 괜찮으면 같이 식사하실래요?
   今晩お時間ありましたら、一緒に食事でもどうですか?
B : 그래요- 뭐 드시고 싶어요?
   いいですよ、何食べたいですか?
例文(3)
A : 이번 주 토요일에 롯데월드 안 갈래?
   今週の土曜日にロッテワールド行かない?
B : 그래-
   いいよ!

韓国語の相づちその5) 맞아요!
こちらは、日本語で訳すと「そうです!」という意味です。 自分の思ったことと同様であることを伝えたり、相手の思ったことが正しいと伝える時に使います。 また、単純な返事の「はい」としても使われて、「아, 정말요?(あ、本当ですか?)」ほどよく使う相づちです。 他に、「そうですよね!」、「正解です!」などにも解釈できます。

例文(1)
A : 그 사람 진짜 멋있지 않아?
   あの人、本当に格好良くない?
B : 맞아요! 얼굴도 잘생겼고 스타일도 좋고.
   そうですよね!イケメンだし、スタイルも良いし。
例文(2)
A : 선생님 이거 맞아요?
   先生、これで合っていますか?
B : 맞아요, 잘하네요.
   そうです(正解です)、お上手ですね。

韓国語の相づちその6) 몰랐어요-
こちらは、日本語に訳すと「知らなかったー」という意味です。 先ほど「그렇구나!(そうなんだ!)」という言葉をご紹介しましたが、「그렇구나!(そうなんだ!)」に比べ「몰랐어요-」は直接「知らなかった」と言っているんですね。 相づちかどうかは微妙ですが、相づちとしての機能を持って頻繁に使われるので選んでみました。

例文(1)
A : 일본에서 파는 김치는 실제 한국에서 파는 김치보다 단가 봐.
   日本で売っているキムチは実際に韓国で売っているキムチより甘いんだって。
B : 아, 정말요? 몰랐어요-
   え、本当ですか?知らなかったです。
例文(2)
A : 여름이랑 태하랑 5년 전에 헤어졌잖아, 몰랐어?
   ヨルムちゃんとテハくん、5年前に別れたじゃん、知らなかったの?
B : 몰랐어… 그래서 서먹했구나, 둘이.
   知らなかったー、だから気まずかったんだね、二人。

韓国語の相づちその7) 아, 알겠다!
こちらは、日本語で訳すと「あ、分かった!」という意味です。 「なるほど!」や「やっと分かったよ!」などの意味のニュアンスが強い表現です。 丁寧体では「아, 알겠어요!(あ、分かりました!)」と言いますが、独り言のようにタメ口で言う場合も多いです。

例文(1)
A : 서울역에 가고 싶은데요, 어떻게 가면 돼요?
   ソウル駅に行きたいんですけど、どうやって行けばいいですか?
B : 공항철도를 타면 빠른데, 어디 보자.
   空港鉄道を乗れば早いんだけど、どれどれ。
A : (지하철 노선도를 보며) 아, 알겠다! 이 파란색 선을 타면 되는 거죠?
   (地下鉄路線図を見ながら)あ、分かった!この青い線を乗ればいいんですよね?
B : 맞아요!
   そうです!

韓国語の相づちその8) 우와, 신기해요!
こちらは、日本語に訳すと「わー、すごいです!」という意味です。 ただ、日本語の「すごい」という感嘆詞は幅広い意味を持っています。 「景色が綺麗だ」やドレスや派手な洋服を見て「可愛い」、マジックショーを見て「素晴らしい」、歌やダンスの上手な人に「上手い」、美味しい料理を食べた感想に「とても美味しい」などなど。 数え切れないくらい「すごい」という言葉で感情を表すことが多いです。 しかし、韓国語の「우와, 신기하다!(わー、すごい!)」は「信じられないくらい異色的でお見事」という意味を持つ言葉です。 マジックショーや真珠などを目の前にしたりの視覚的なこと、若しくは貴重で珍しい経験などに使う言葉なので、「不思議です!」という意味が強いんです。

例文(1)
A : 일본사람들은 젓가락으로만 밥을 먹잖아요.
   日本の人は箸だけでご飯食べるじゃないですか。
쌀 한 톨 흘리지도 않고 어떻게 그렇게 잘 먹어요?
お米一粒もこぼれないでどうやってあんなに上手に食べるんですか?
B : 그래요? 전 일본이라 그런지 그렇게 신기하지도 않은데.
   そうですか?私は日本人だからか、そんなにすごいことでもないですが。
A : 정말 신기해요!
   本当にすごいです!

韓国語の相づちその9) 다행이다- / 잘됐다-
こちらは、日本語に訳すとどちらも「良かったー」という意味です。 これを言葉通りに訳して「좋았다」と、「좋다(良い)」の過去形で言う方もいらっしゃいますが、韓国ではそうは言わなく「다행이다-」や「잘됐다-」と表現します。 また、「다행이다-」の方が「잘됐다-」より「幸いである」という意味が強いです。

例文(1)
A : (취직에서) 1차 면접에서 떨어졌었는데 다시 연락이 왔어요.
   (就職で)1次面接で落ちましたが、再度連絡が来ました。
B : 다행이다-! 축하해요!
   良かったー!。おめでとうございます!
例文(2)
A : 여름이랑 화해하고 다시 만나게 됐어요.
   ヨルムちゃんと仲直りして、また付き合うことになりました。
B : 잘됐다- 다신 헤어지면 안 돼요!
   良かった~、もう別れちゃダメですよ!

韓国語の相づちその10) 아- / 어-
最後は「아- / 어-」です。日本語に訳すとどちらも「へぇー」という意味です。 こちらを字面で説明するのはとても難しいのですが、日本語の「へぇー」がそのイントネーションによって様々な意味を持っているのと同様、韓国の「아- / 어-」もその微妙なイントネーションの違いで意味が変わってきます。 その中でも最も簡単なものをこちらではご紹介します。 それは、後ろの波線のように語尾を長く伸ばすことですが、「そうなんだー」、「そうかー」、「なるほどねー」、「知らなかったー」の全てを含蓄的に表します。 それぞれ「へぇー」を付けて発音してみてください。 「へぇーそうなんだー」、「へぇーそうかー」、「へぇーなるほどねー」、「へぇー知らなかったー」。 少し分かってきましたでしょうか。 特に言葉を言わなくとも「아-」や「어-」一言で相づちの役割を果たすことができるので、とても便利です。 ドラマや映画などでもよく出てきますので、注目して聞いてみてください。 ただ、「어-」は友達や目下などタメ口を話す間で使うことが多いので、目上の人と話す時には失礼になる可能性があります。気をつけましょう。

例文(1)
A : 있잖아, 오늘부터 00화장품 세일하더라.
   あのさ、今日から00化粧品セールするみたいよ。
B : 어- 그래?
   へぇーそうなの?
A : 전에 한 번 써 봤는데 꽤 괜찮더라고.
>    前一回使ってみたんだけど、結構良かったの。 B : 어-
   へぇー
A : 너도 세일할 때 한 번 써 봐. 이따 같이 가 볼래?  
  Bちゃんもセールする時に一回使ってみて。後で一緒に行ってみる?
B : 그럴까?
    そうしようかな?

さ、ここまで知っておくと便利な「韓国語の相づち」について説明して参りました。いかがでしたか? 皆さん、相づちの無い会話を一回想像してみてください。 地道で退屈でとても乾いた会話ではないでしょうか。相づちはお互い細かな感情を交換する相通の大事な要素だと思います。 相づちを上手く使いこなすことで皆さんの韓国語はより豊かになるはずです!

すすむ   ”第二十七回 こういう時にはどういう接続詞を使えば? すぐに使える韓国語の接続詞8選”はこちら>>
もどる  ”第二十五回 「パンマル」で友達と楽しくお喋り。韓国語のタメ口完全征服!”はこちら>>