トップページ > 韓国語の速習 スピードスタディ講座 > "第三十二回 日ごろのたった3つの気付きで  韓国人友達との会話がぐんぐん伸びる!”
第三十二回 日ごろのたった3つの気付きで  韓国人友達との会話がぐんぐん伸びる!

皆さんは、韓国人のお友達はいらっしゃいますか。若しくは、彼氏や彼女はいらっしゃいますか。 よく外国語を勉強する人にこのような質問を投げかけることが多いですが、それくらい日ごろから頻繁に会えて韓国語が練習できる最大のチャンスになるからなんですね。 それが彼氏や彼女であったら尚更ですね。 やはり語学力が伸びる王道のコツはたくさん話してたくさん聞くことですので。恐らく弊校の生徒さんには、韓流スターが好きになって入門された方が多いので、そういった関係の場で友達が出来た方が多いと思います。 最近はインターネットの発達でSNSなどで簡単にコミュニケーションが取れたり、韓国や日本に行ったり来たりでお互いの文化交流も素早くなりました。
さて、友達は出来たものの、肝心な韓国語が伸びていないと思ってはいませんか? もちろん、韓国語の練習を目当てにお付き合いをするわけではありませんが、せっかくならば韓国語の実力を伸びると最高ですよね。 ですが、頻繁に連絡も取っていて、韓流スターのコンサートやイベントごとにしょっちゅう会っているのに、なかなか伸びる気配がない。 一体何が問題なんでしょう? ということで、今回は!韓国人友達との会話がぐんぐん伸びる秘訣をご紹介したいと思います。 日ごろの小さな気付きでどなたでも簡単にチャレンジできる、とても簡単な3つの秘訣をお教え致します!

会話がぐんぐん伸びる秘訣 その1) 한국어로 얘기하자!
 韓国人友達がいるのに、なかなか韓国語が伸びない理由!
その訳には色々あると思いますが、第一に疑われるのは「韓国語で話していますか?」です。 最近は韓国人でも日本語が話せる人が結構いますよね。 旅行に行ってみてもミョンドンや東大門など、日本語で声を掛けてくる店員が大半です。 そうなると話が通じる安心感でつい日本語ばかりになってしまいます。 まずは、それを打破するべきです!韓国語で会話が進んでいないのに韓国語が伸びるなんて、矛盾しています。 語学力が向上するためには、とにかく話す機会を設けなければなりません。 もし、相手の友達が日本語で話しかけてきても、勇気を出してこう言いましょう。 「한국어로 얘기하자!(韓国語で話そう)」

例文(1)
友達 : 안녕? (意訳) こんにちは。
あなた : 안녕? 우리 오늘은 한국어로 얘기하자!     こんにちは。ね、今日は韓国語で話してもらってもいい?
友達 : 한국어 잘하네! 응, 그래 ~    韓国語お上手だね!うん、いいよー。
あなた : 한국어 너무 어려워.     韓国語難しすぎるー。
友達 : 괜찮아. 나하고 많이 연습하자.    大丈夫だよ。私とたくさん練習しよう。
あなた : 고마워. 나 틀리면 말해줘.     ありがとう。私、間違って言ったら、教えてね。
友達 : 알았어~ 모르는 거 있으면 언제든지 말해~    オッケー。分からないのあったらいつでも言ってね。
あなた : 정말 고마워.     本当ありがとうね。
友達 : 고맙긴~ 열심히 한국어 공부해주니까 내가 기쁜 걸?    いやいやー、一生懸命韓国語勉強してくれると私まで嬉しくなるよ。

最初は「全然喋られないのに韓国語だけで話すって無理じゃない?」と思うかもしれません。 大丈夫です!ジェスチャーが多少多くなっても構いません。 韓国語だけで全てのコミュニケーションを成し遂げることに意味があります。 もし上手く聞き取れなかったとしても、その文次のためにもっと頑張れる良い刺激になりますので。 それから、韓国語で話してもらうことが迷惑だとか、今までずっと日本語だったのにいきなりとか、そういう心配は一切要りません。果敢に捨ててください。
韓国人であるわたくしから言うに、それで気を悪くする韓国人は一人もいません。 むしろそこまでして韓国語を学ぼうと努力してくれることに喜ぶはずです。 もしそれで恐れて話せない方がいらっしゃったら、厳しく言いますが、それは「言い訳」です。「余計な心配」です。どうしても勇気が出ない場合は、今回だけとかに限定してやってみましょう。 皆さん、今すぐにでも行ってみましょう。「한국어로 얘기하자!(韓国語で話そう)」

会話がぐんぐん伸びる秘訣 その2) 뭐 해?
  友達との会話で得するものと言えば、「タメ口」をたくさん覚えられるということではないでしょうか。 以前、タメ口特集でもご紹介しましたが、ドラマや映画などを見ても仲良くなった相手にはみんなタメ口で聞いてもらっていますよね。 日本と同じで関係が縮まった関係ではタメ口で話す場合が多いです。 友達との会話ではそのタメ口を覚えることができます。
さらに、硬い丁寧語や尊敬語を使わないということで、話全般ラフにナチュラルに進むということも特徴です。 というのは、使う単語も口語体になっていて、韓国人の普段の言語生活を間接体験することが出来ます。 一つの例として、秘訣1の小題名「한국어로 얘기하자!(韓国語で話そう)」の「얘기(話)」、辞書形は「이야기」ですが日常の会話では略して「얘기」と言う時が多いです。 また、秘訣1の例文の「알았어~(オッケー)」も「オッケー」と訳した通り軽い承諾を表すとてもナチュラルな言い方なんです。 下記の例文に登場する「그치?(だよね?)」もまた、ちゃんとした綴字法ではありませんが、実際の会話で頻繁に使われています。 ちなみに、「그렇지?」の「そうだよね?」が縮まった形です。 日本語でも語尾だけをとって「だよね?」や「ね?」と言いますよね?そういったニュアンスだと思ってもらうと分かりやすいと思います。
このように、ナチュラルに友達にこちらから話しかけてみましょう。 そういう時はこのように言います。「뭐 해?(何してるの?)」

例文(2)
(SNS에서의 대화) (SNSでの会話)
あなた : 뭐 해? (意訳) 何してるの?
友達 : 그냥 텔레비전 보고 있어. 넌 뭐 해?    別にー、テレビ見てるよ。あなたちゃんは?
あなた : 나도 그냥 있어. 심심해 ~     わたしも別にー。暇だねー。
友達 : 뭐야~ 오늘은 학교 안 가?    何だよー。今日は学校行かないの?
あなた : 응, 휴강 됐어.     うん、休講になってね。
友達 : 좋겠다 ~    いいねー。
あなた : 다음 달에 일본에서 콘서트 있잖아, 올 거야?     来月日本でコンサートあるじゃん、来るの?
友達 : 당연하지! 너도 같이 갈 거지?    もちろん!あなたも一緒に行くよね?
あなた : 그럼! 우리 또 같이 콘서트도 가고 도쿄도 구경하자.     もちろん!うちらまた一緒にコンサートにも言って東京も観光しようね。
友達 : 벌써부터 신난다. 그치?    もうはやテンション上がってきた!だよね?
あなた : 응! 빨리 다음 달이 됐으면 좋겠다.     うん!早く来月になったらいいな。
友達 : 이번엔 뭐 입고 가지?    今回は何着て行こうかな?

ここで使用されている「뭐 해?(何してるの?)」は直訳してみると特に格別な意味を持っていないように見えるかもしれません。 ところが、このワンフレーズは実際に韓国人の間で非常によく使われるフレーズで、友達の間のみならず、恋人同士や先輩、後輩の間など様々な関係で使われる、言えば「社交言葉」のようなものです。 暇な時に相手のことを思い出し、声をかけたということに意味があり、特に韓国人の間でこういったメッセージを貰ったら、ある程度相手が私に興味を持っていると思う人が多いです。
また、ここではSNS上での会話という設定をしましたが、最近の若者はSNSを利用してお互いの関係を深くしていくことを考えると、より親近感を持たせ、これからのお付き合いにもなおさら良い影響を与えることになると思います。 それから、練習無しに言葉を発する会話より十分な書き直しがきく文字での会話になるため、書きの練習はもちろん今後行われる口頭での会話の準備にもなります。

会話がぐんぐん伸びる秘訣 その3)  무슨 뜻이야?
皆さん、英語で「Pardon?」という言葉の意味をお分かりでしょうか。 日本語に訳せば「もう一度言っていただけますか?」、韓国語に訳すと「네? 뭐라고 하셨죠?(はい?何とおっしゃいましたか?)」になると思いますが。
言葉通り聞き取れなくて発言の振り替えしを求める表現ですが、違う解釈をしてみると「言葉の意味が分かりませんので、説明を求めます」という意味にもなると思います。 多くの人は前後の言葉から推測して分かった振りをして次に進む場合が多いですが、実はこの小さな一言をかけるには勇気が必要です。 その勇気が出せなくて聞けずに進む人が多いのでは。 ただ、それではまともな会話に成り立っていないですし、語学が向上しないのは言うまでもありません。せっかく韓国語で会話をしてもらっているのに、もったいないですよね。 もう一度勇気を出して、分からない言葉があったら迷わず「무슨 뜻이야?(どういう意味なの?)」と尋ねてみましょう。

例文(3)
あなた : 안녕? 정말 오랜만이다 ~ (意訳)  こんにちは。本当久しぶりだねー。
友達 : 어? 안녕! 잘 지냈어?    あ、こんにちは。元気だった?
あなた : 응, 잘 지냈어. 별일 없지?     うん、元気だよ。友達ちゃんも元気だった?
友達 : 그럼, 나도 잘 지내지. 못 보던 사이에 한국어가 또 늘었네.    うん、私も元気だよ。見ない間にまた韓国語伸びたね。
あなた : 진짜? 고마워.     本当?ありがとう。
友達 : 그러고 보니 얼마 전에 수호 선배를 만났는데 너를 안다고 하더라.    そういえば、こないだスホ先輩に会ったらあなたちゃんと知り合いって言ってたけど。
あなた : 아~ 전에 찬열 선배랑 같이 한번 봤거든.     あー、前チャニョル先輩と一緒に一回会ったの。
友達 : 너 찬열 선배도 알아?    あなたちゃん、チャニョル先輩とも知り合いなの?
あなた : 응, 같은 동아리야.     そうだよ、サークル同じなの。
友達 : 동아리도 해? 우와, 너 정말 발이 넓구나.    サークルもやってるの?ワー、あなたちゃん本当足が広いんだね。
あなた : 발이 넓다고? 그게 무슨 뜻이야?   足が広い?それってどういう意味なの?
友達 : 아는 사람이 많고 활동하는 곳이 넓은 사람한테 하는 말이야.    知り合いが多くて活動の幅が広い人に言う言葉だよ。
あなた : 그렇구나. 너도 발이 넓잖아.     そうなんだ。友達ちゃんも足が広いじゃん(顔が広い)。
友達 : 하하하, 그렇지. 우리 둘 다 발이 넓네.    ハッハッハ、そうだね。私たち、どっちも足が広いんだね(顔が広い)。

さ、ここまでご覧になっていかがですか?少しは話す勇気が出ましたでしょうか。 何事でもそうだと思いますが、最初が難しいだけで、一回やったら二度、三度は自信が生じてきてどんどん行けると思います。 それから、勇気だけではなく、十分に事前勉強を兼ねてするのもとても大事ですよ!前もって話す内容のレパートリーを考えておいて、一人で二役で練習もしてみたりなど、事前の準備もかなり重要です。 また、会話が終わった後も今日の会話をよく振り返ってみて、ミスした言葉や新たに教えてもらった言葉などを噛み締めてみるのも、会話の上達のための近道です。
勉強と同じように予習と復習さえしかったり成し遂げれば皆韓国語がぺらぺらになれますよ!
早速今、韓国人の友達に連絡してみるのはいかがですか?
「지금 뭐 해?(今、何してるの?)」