トップページ > 韓国語の速習 スピードスタディ講座 > "第三十四回 ハングル検定やTOPIK受験生の皆さんへ たった5つのコツでチャッチャット解いちゃう読解回答法”
第三十四回 ハングル検定やTOPIK受験生の皆さんへ たった5つのコツでチャッチャット解いちゃう読解回答法

皆さん、「ハングル検定」や「韓国語能力試験(以下TOPIK)」のことを聞いたことがありますか。 もしかしたら、既に受験している方もいらっしゃるかも知れません。 簡単に説明をしますと、この二つの試験はどちらも韓国語を母語としていない外国人を対象に韓国語能力を確認する試験です。 「ハングル検定」は日本主催で日本国内で行われている試験で、「TOPIK」は韓国主催で本場韓国を含め、世界各地で行われている試験です。 韓国主催で世界で通用できるということで「TOPIK」を選ぶ人が多い様ですが、せっかくなら検定を持っていた方が勉強の甲斐にもなるということで、どちらも受験する人は非常に多いです。 ところで、いざっ受験勉強となると普段習う韓国語とは少し異なる部分多少あります。 聴解や読解、作文など全般的な能力を求められるのはもちろん、単語のレベルもいつもの実用会話とはかなり差が出て、文法でも細かな引っ掛け答案があったりと、とにかく難しい限りです。 特に長文の読解は時間さえ十分与えてくれれば何とか出来そうなのに、なかなかそうは行きません。 単語語や文法、全ての面で完璧であれば問題はありませんが、受験を目前にしている方には無用です。
それでは、一体どうすれば簡単に勉強が出来て高い点数に繋がるのでしょうか。魔法のような方法はありませんでしょうか。 ということで、今回はハングル検定やTOPIKを受検する皆さんのために、短期間で効果が出る「読解が上手くなる5つの回答法」をご紹介致します。 実は、名前は韓国語の試験であっても、どの受験も中身は同じなんです。読解で要求するのは、どれほどの短時間にどれほどの理解が出来るのかなんです。 このことを基準にして受験に当てはまる回答法を考えていくのです。
それでは、行ってみましょうか!

チャッチャット解いちゃう読解回答法 その1) 受験用の勉強をしよう!
  皆さん、冒頭で受験勉強は普段の実用韓国語とは相異だという話を覚えていますか。 恐らく多くの皆さんが字幕無しでドラマや映画が観られたり、旅行で自由に話せたり、韓国人の友達とお喋りが出来たりとの目標で勉強をなさっていると思います。 なので、勉強の焦点が実用韓国語にあると思います。ところで、残念ながら受験というのは韓国語の全般的な実力を測ることに焦点が置いてあって、普段韓国人でも使わない言葉が出るなど、エントランスが大分異なるわけです。 では、どうすれば高い点数が取れるのか。 答えはとても簡単です。「受験用の勉強」、つまり受験向けの勉強を行えば良いのです。 下記の既出問題をご覧ください。

例文(1)
※以下例文で使われた既出問題はTOPIK公式ホームページから公開された問題の引用です。

上記の例文をよく見てみると、初めから「육체적, 정신적(肉体的、精神的)」と難易度の高い漢字語で始まるのが分かります。 続く「무기력한 상태(無気力な状態)」や「지속된다면(持続されたら)」、「고려할 때(考慮すると)」などなど、全く言わない訳ではありませんが、日常生活ではそれほど口にしない単語が大半を示していますね。 恐らく、日常会話では下記のように話すでしょう。
무기력한 상태가 지속된다면 (無気力な状態が持続されるとしたら) 
→ 계속 힘이 없으면 (ずっと元気がなかったら)
고려할 때 (考慮す時) 
→ 생각하면 (考えると)
要するに、試験では皆さんの韓国語学力を確かめたいわけなので、普段皆さんがどれほどコミュニケーションが取れているのかとは少し観点が異なりです。 これを逆に考えると、普段会話で使う言葉をわざと難しく硬く表現すれば良いんです。 つまり、受験向けの勉強が出来るには下記の点に注意を払いましょう。

(1) 漢字語で単語を覚えましょう。
(2) 話し言葉より書き言葉に注目しましょう。

なるべく硬い文章にした方が、読解文を読むには得です。 漢字語の暗記、書き言葉(-아/어요体より-(스)ㅂ니다体 or -(이)다体など)の文法使い、この二つだけ注意しても読解の半分は理解出来ると思っても過言ではありません。 その他にも、接続詞や助詞、副詞を纏めて覚えるのも良いでしょう。 とにかく、既出問題集や受験向けの勉強に今までの勉強の仕方を逆転する必要があります。

チャッチャット解いちゃう読解回答法 その2) 最初と最後だけ読む!
皆さんはセンター試験の経験はありますか。 若しくは、中学・高校入試の受験経験でもいいです。 そういった試験の国語や英語の読解問題を思い出してみてください。 実は、語学の試験は科目を問わず、出題傾向が非常に類似しています。 単純に長文を読んで内容と一致する文を選んだり、文中の空欄に入るキーワードを選んだり、順序無く並べられた文を正しく並びなおしたりと、非常に似ています。 それに、出題される文章は意見文が多いというのも共通する部分ですが、意見文は論理性のある文章なので序論、本論、結論の三段構成がほとんどです。 話者が言いたいことは大体序論か結論に来ます。本論は根拠を提示して説得性を高める役割です。 ということで、短時間にスピード良く読解するためのコツは!「最初と最後だけを読む」ことです。 素早く話者の言いたいことをキャッチする最も良い方法です。 その後、質問に合わせて必要な部分を読んで行きます。ここで、逆説の接続詞や同質の接続詞が早く把握出来るとさらに良いですね。

例文(2)
다음 글의 주제로 가장 알맞은 것을 고르십시오. (각 2점)
下記の文の主題として最も適切なものを選びなさい。

 1) 미혼이라는 말은 결혼에 대한 다양한 의미를 포괄한다.    未婚という言葉は結婚に対する多様な意味を包括する。
 2)  비혼이라는 말은 결혼에 대한 인식의 변화를 보여 준다.    非婚という言葉は結婚に対する認識の変化を見せてくれる。
 3)  비혼과 미혼은 같은 대상을 가리키므로 의미의 차이는 없다.    非婚と未婚は同じ対象を指しているので、意味の違いはない。
 4)  미혼이라는 말은 결혼을 계획하는 사람들에게 부적절한 표현이다.    未婚という言葉は結婚を計画している人たちに不適切な表現である。

やはり、文の最初と最後の行だけ読んでください。 1行では「未婚という言葉には結婚は必ずするものだが、まだしていないという意味が含まれている」と述べ、最終行では「未婚、独身などの単語が非婚という単語に座を譲る」と述べています。 この2行を読んでから、答えを探してみましょう。 確実に3)と4)でないことは分かりますね。余るのは1)と2)ですが、最終行で「座を譲る」という表現があったので、答えは1)ではなく2)であることが分かります。 読んでいなかった部分を確認してみると、「結婚は必須ではなく選択だと思う人が増え、結婚を選らばない意味での非婚が使われ始めた」と主題(意見)を補充していますね。 なので、1)の多様な意味というよりは2)の認識の変化が適切であったことが確認出来ます。 この問題の場合は、最初に主題(意見)の前提や背景を説明し、最後に主題(意見)を提示していました。
このように、文章を全て読んで行くのではなく、最初と最後だけ読んで主な意味を把握すると、スピードも出せて変な紛れもないので、より簡単に解くことが出来ます。

チャッチャット解いちゃう読解回答法 その3) 質問から読む!
先ほど文章の最初と最後だけを読んで主題を把握するという話をしましたが、その前に実はチェックしなければならないものがあります。 問題、つまり質問を先に読むということです。 聴解もそうですよね、何も分からずに聞いてしまうと内容の全てを理解しようとするので、主題を見逃すどころか一回流れを逃してしまうと後を追いつくのが大変です。 読解も全く同じで、質問から読んで置くとそこにポイントを当てて文を読むようになるので、より理解が早く得たい答えがすぐ見つかります。

例文(3)
다음 글의 주제로 가장 알맞은 것을 고르십시오. (각 2점) 下記の文の主題として最も適切なものを選びなさい。
先ほどの既出問題ですが、もし質問が主題を選ぶのではなく、空欄に入るキーワードを選ぶ問題だったらまた違う観点から戦略を立て直す必要がありました。 つまり、効率的に問題を解くには「何が聞きたいのか」を把握するのが重要です。

チャッチャット解いちゃう読解回答法 その4) 指示欄の前後をしっかり把握!
空欄を埋める問題も試験の定番問題ですね。 こういった問題は主題を選ぶのとはまた違う戦略を立てる必要があります。 それは、「前後の文脈を把握する」ことです。空欄の他に下線が意味するものを選ぶ問題も同様で、指示欄の前後をしっかり読み上げて正しい答えを模索します。 下記の既出問題をご覧ください。

例文(4)
다음을 읽고 ( )에 들어갈 내용으로 가장 알맞은 것을 고르십시오. (각 2점) 下記の文を読んで(     )に入る内容として最も適切なものを選びなさい。

 1) 왕의 능력을 과시하려는    王の能力を誇示するための
 2)  궁중의 풍습을 널리 알리려는    宮中の風習を広く知らせるための
 3)  높은 지위의 사람을 대접하려는    高い地位の人を御もてなしするための
 4)  나라의 기쁨을 백성들과 나누려는    国の喜びを民と分かち合うための

空欄をまず読んでみましょう。「宴に込められた意図は何」だったんでしょうか。 意図を把握すれなこの問題はクリアー。質問が理解出来たならば、直前の文を読んでみましょう。 「宴が終わった後、貧しい民に分けてあげるために大量の料理を用意した」と言っていますね。 さ、このたった1行の文を読んだだけで、私たちは1)と3)が答えではないことが分かります。 後は2)と4)ですが、貧しい民に分けてあげるために大量の料理を作ったということと偉い人のためだけに作ったのでもないというのは、宮中の風習を広げるためではないことも予測できます。要するに、答えは4)しかありません。 この問題の場合は指示欄に続く文章はありませんが、前後の文脈を見れば全てを読み上げなくても答えが見つかります。

チャッチャット解いちゃう読解回答法 その5) たくさん読んだ者勝ち! 読解の基本と言えば、文を読んで内容を理解することに意味があります。 つまり、「読み」がしっかり訓練されているのかどうかを確かめる部分です。 今まで色々とより早くより正確に問題を解くコツをご紹介して参りましたが、ここに来て皆さんにオススメする最強のコツは「たくさん読んだ者勝ち」ということです。
たくさん読んで慣れている人が読解で点数が取れるのは当たり前なことです。 以前「読み」について書かせていただいたことがありましたが、全ての内容を理解しようと思わないで、文脈から予想する方向で、ハングルが目に慣れて違和感が感じられないまで練習するのをオススメします。

さ、ここまでご覧になっていかがでしょうか。少しはコツが掴みましたでしょうか。 今回は最も点数が確保できる「読解」に特化したとコツについてご紹介しましたが、他に単語を暗記する時も聴解の練習、作文などなど、全ての分野にコツは存在します。 冒頭で話した「受験向けの韓国語」と普段皆さんが行われている韓国語とは異なりますので。 ただ、一つ覚えて頂きたい点はどんなに優れた勉強法、コツを把握していても実践に行動を移さないこと、それから基本がしっかりしていれば、特にコツなど必要としなくなるということを心がけていただきたいです。 皆さんの韓国語受験をいつも応援しています。これからも共に頑張って行きましょう!